メディア

「幸せな人が多い京都の街」ランキングTOP15! 1位は「乙訓郡大山崎町」【2021年版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 大東建託は、京都府に住む20歳以上の男女を対象に実施した居住満足度調査の結果をもとに、「いい部屋ネット 街の幸福度&住み続けたい街ランキング 2021<京都府版>」を発表しました。今回はその中から「街の幸福度(自治体)ランキング」の結果を見ていきましょう。

 なお、このランキングは2019年から2021年までの回答を累積して集計しており、回答者数50人以上の自治体がランキングの対象となっています。

advertisement

第3位:向日市

画像は「写真AC」より引用

 第3位は「向日市」でした。市内は東側に丘陵地、西側に住宅街が広がっています。向日丘陵にある竹林や長岡宮朝堂院跡を整備した朝堂院公園など、歴史情緒あふれる散策スポットがたくさんあるのも特徴的です。

 市の中央部にある阪急東向日駅の周りは商業施設なども多く、生活利便性の高いエリアとなっています。同駅とJR向日駅の間を走る「向日えきえきストリート」には多くの商店が立ち並び、にぎわいを見せています。

advertisement

第2位:木津川市

画像は「写真AC」より引用

 第2位は「木津川市」でした。京都府の南部に位置する自治体で、市内の北部から南東部にかけて山地が広がっています。一方、街の西部には住宅街が広がっており、鉄道網や国道も整備されていて各地へのアクセスも良好。京都府内はもちろん、大阪・奈良方面にも出やすいベッドタウンとなっています。また寺社仏閣の多い街としても知られるほか、市街地の多くが関西文化学術研究都市に含まれている関係で研究施設も多いです。

advertisement

第1位:乙訓郡大山崎町

 第1位は「乙訓郡大山崎町」でした。京都府の南部にある街で、京都市などの府内各所や大阪府のベッドタウンとなっています。鉄道網や路線バスが整備されているほか、名神高速道路や京都縦貫道、京滋バイパスを利用できるため、自動車での移動もしやすいです。街のシンボルである天王山にはハイキングコースもあり、6合目付近の青木葉谷展望広場から一望できる大阪平野は、絶景で知られます。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.