メディア

「浜焼き」にして食べたい貝はどれ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 秋から冬にかけては牡蠣を始めとしてこれから貝がおいしくなるシーズン。とれたての貝を、すぐに海の近くで焼く「浜焼き」は素材のおいしさをそのまま堪能できて、各漁港や飲食店で人気があります。そこで今回は「浜焼きにして食べたい貝はどれ?」というアンケートを実施します。

 あなたが浜焼きで食べたい貝にご投票ください。まずは、代表的な4つの貝を紹介します。

advertisement

ホタテ

画像は「写真AC」より引用

 「ホタテ」は焼いていくと大きな貝殻の中に身から出るおいしいエキスがたまり、グツグツといい匂いをさせながら浜焼きを楽しめます。プリプリの身が特徴的で、そのまま食べても味わい深く、さらにバターや醤油と合わせて焼いてもおいしくいただけます。産地としては北海道が有名で、主に稚内市や猿払村で水揚げされています。

advertisement

ハマグリ

画像は「写真AC」より引用

 「ハマグリ」は肉厚な身が特徴的で、貝殻の中にたまるエキスがおいしくいただけます。まずは身と貝殻にたまった汁だけで食べて、ハマグリ本来の風味を味わうのがオススメの食べ方です。国内産のハマグリは減り続け、千葉県や茨城県、三重県などいくつかの漁港でしか見られなくなりました。わざわざ現地に足を運んで新鮮なハマグリの浜焼きを食べるファンもいます。

advertisement

牡蠣

画像は「写真AC」より引用

 生で食べてもおいしい「牡蠣」ですが、焼くことで熱々の身がプリプリになり芳醇な香りとともに楽しめます。焼いている最中にポン酢や醤油をたらして焼くと、コクと香りがさらに広がり食欲をかき立ててくれます。生の牡蠣とは違った食感と風味を楽しむことができるのが魅力です。

advertisement

サザエ

画像は「写真AC」より引用

 貝殻の中に調理酒などを入れてグツグツと焼くのがおいしい「サザエ」。歯ごたえのある身はうまみを十分に吸っていておいしくいただけます。また、そのまま焼き上げた後に醤油などを付けて食べる方法も。さらに、身を煮た汁に日本酒を入れて飲む「サザエの出汁割り」と、様々な食べ方を楽しむことができます。

advertisement

浜焼きにして食べたい貝はどれ?

 ここまで4つの貝を紹介しました。あなたが一番「浜焼きにして食べたい貝」を選んで投票してください。選択肢に投票をしたい貝がない場合は、「その他」に投票した上、コメント欄から貝の名前を書いてください。また、投票した貝の魅力なども、ぜひコメントで教えてください!

画像は「写真AC」より引用

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.