メディア

【ガンダム】宇宙世紀シリーズ以外の「アナザーガンダム」で一番好きな作品はなに?【2021年版アンケート実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本のロボットアニメの金字塔「機動戦士ガンダム」シリーズ。2021年10月現在までに映像化されている作品においては、アニメ第1作から「機動戦士Vガンダム」にわたって描かれるその長大な物語は「宇宙世紀」と呼ばれる年号でつながっています。その一方、宇宙世紀とは異なる世界における「ガンダム」の活躍を描いた作品は「アナザーガンダム」と呼称されています。

 そんな、宇宙世紀シリーズとは異なる魅力を持つ「アナザーガンダム」が大好きというファンも多いことでしょう。そこでねとらぼ調査隊では、今年も「あなたの好きなアナザーガンダムは?」というアンケートを実施します! あなたのイチオシの作品にご投票ください。まずは数あるアナザーガンダムから6作品を紹介します。

advertisement

機動武闘伝Gガンダム

機動武闘伝Gガンダム
画像はAmazon.co.jpより引用

 1994年に放送された作品で、史上初めて「宇宙世紀」シリーズとは異なる世界を描いた、「アナザーガンダム」第1号となりました。主人公のドモン・カッシュがガンダムファイターとなり、4年に1度のガンダムファイトで優勝を目指すというストーリーで、既存のガンダムシリーズの雰囲気をすべてひっくり返したかのような、熱血格闘アニメというべき異色作です。今川泰宏監督のけれんみの利いた演出が大きな話題を呼びました。

advertisement

新機動戦記ガンダムW

新機動戦記ガンダムW
画像はAmazon.co.jpより引用

 1995年に放送されたガンダムWは、戦争と平和というシリアスなテーマに切り込んだ作品。他方でジェットコースターのように目まぐるしい急展開が続くなど起伏が激しく、特に序盤はまるで誇張された演劇のようなシュールな演出も多い作品。しかし、主役となるガンダムのパイロットが皆、美形の少年ばかりという、それまでのシリーズにはなかった特徴もあり、女性ファンを多く取り込むことに成功した作品でもあります。

advertisement

機動新世紀ガンダムX

機動新世紀ガンダムX
画像はAmazon.co.jpより引用

 1996年に放送された本作は、大きな戦争の影響によって荒れ果ててしまった地球を舞台としており、「アナザーガンダム」でありながら「宇宙世紀」シリーズで大きな役割を果たした「ニュータイプ」がキーワードとなっています。また、各話のサブタイトルは作中の象徴的なセリフからとられていて、第1話の「月は出ているか?」は非常に有名。視聴率の低迷から放送時間の変更を余儀なくされるなど、放送当時は不遇な作品とされていましたが、その印象的な演出やストーリーなどから、後にガンダムファンの間で高い評価を得ました。

advertisement

機動戦士ガンダムSEED

機動戦士ガンダムSEED
画像はAmazon.co.jpより引用

 「21世紀のファーストガンダム」となることを標榜して、2002年に制作された作品。もともと親友同士であった主人公のキラとアスランが対立することになる序盤のストーリーは、See-Sawが歌う初代EDテーマ「あんなに一緒だったのに」の歌詞ともリンクし、非常に印象的でした。そんな本作は大人気となり後に続編である「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」が制作されたほか、外伝作品も展開され、本作の世界である「コズミック・イラ」はその期待通りに宇宙世紀に次ぐ規模に発展しました。

advertisement

機動戦士ガンダム00

機動戦士ガンダム00
画像はAmazon.co.jpより引用

 2007年から放送が開始された本作は、シリーズで初めて作中年表に「西暦」が用いられました。また、GN粒子と呼ばれる特殊な粒子を生成しエネルギーとすることで強力なMSの動力源となる「GNドライヴ(太陽炉)」など、新たな概念や設定を数多く導入した意欲作です。さらには、自らを「ガンダム」と自称する主人公・刹那や、「ガンダム」に対して異常なほどの愛憎をたぎらすライバルのエースパイロット・グラハムなど、非常にクセの強い個性豊かなキャラクターが数多く登場。1st・2ndシーズンのほか、劇場版も公開された人気シリーズとなっています。

advertisement

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
画像はAmazon.co.jpより引用

 2015年から2017年にかけて2シーズンが制作された本作は、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などで知られる長井龍雪さんが監督を務め、同じく「あの花」などで脚本を担当した岡田麿里さんがシリーズ構成・脚本を手がけたことで話題になりました。戦場に生きる少年たちを中心に、登場人物の心情を丁寧に描写する群像劇となっています。また、登場するモビルスーツの多くが近接武器をメインに戦ったり、ガンダムではおなじみのビーム兵器がほとんど登場しなかったりするなど、独特な世界観も特徴。シリアスなストーリーと悲劇的なラストも非常に印象的です。

advertisement

まとめ

 ここまで「アナザーガンダム」作品から6作品をピックアップして紹介しました。なお、選択肢には、2021年10月現在テレビアニメとして放送された宇宙世紀シリーズ以外のガンダムシリーズ10作品を用意しています。なお、「∀ガンダム」と「ガンダム Gのレコンギスタ」は、設定上は宇宙世紀シリーズと直接のつながりが示唆されていますが、今回の投票には「アナザーガンダム」として含めています。

 また、もしも選択肢以外の作品に投票したいという場合は「その他」を選択のうえ、作品名と投票理由をコメント欄にお願いします。ほかにも、各作品の好きなところや印象に残っているシーンなどもぜひコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしています!

advertisement

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.