メディア

「1990年代の国産SUV」人気ランキングTOP30! 第1位は「三菱 パジェロ」に決定!【2021年投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年10月21日から2021年10月27日までの間、ねとらぼ調査隊では「『1990年代の国産SUV』であなたが好きなのは?」というアンケートを実施しました。

 今回のアンケートでは計773票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます!

 日本国内だけでなく世界的に人気の自動車「SUV」。中でも根強い人気なのが1990年代の国産SUVで、現在も中古車を探しているファンが数多くいます。そんな90年代の国産SUVで最も人気を集めたのはどのモデルだったのか、投票結果を見ていきましょう!

advertisement

第2位:トヨタ ハイラックスサーフ

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 同率での第2位となったのはトヨタの「ハイラックスサーフ」でした。北米では「4ランナー」として発売された車種で、日本では2009年まで販売をされていました。無骨なデザインが人気で、いまでも中古車市場で探しているファンも多い車種となっています。なお、5代目までが発売されましたが、それぞれでデザインが異なるため、同じハイラックスサーフでもそれぞれのモデルのファン層で細分化されているようです。

advertisement

第2位:日産 テラノ

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 同じく第2位となったのは日産の「テラノ」でした。海外で人気の高かったダットサントラックをベースにしている車種で、発売当初は他のライバル車よりもボディーが低く、当時としては斬新なスタイリッシュなモデルでした。日本での発売は終了したものの、その乗り心地の良さや頑丈なボディーが海外で高く支持されており、インドやロシアなどでいまなお人気の高い車種となっています。

advertisement

第1位:三菱 パジェロ

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 そして第1位は、三菱の「パジェロ」でした。過去にはTBS系で放送されたバラエティー番組「関口宏の東京フレンドパーク」でダーツの景品としてもおなじみだった車種です。1982年に登場をして愛され続けてきましたが、2021年に惜しくも生産・販売が終了となりましたが、車としての性能の良さは世界的にも過酷なレースとして有名な「ダカール・ラリー」で優勝することで実証され、海外でも多くのファンを獲得していました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「乗り物」のアクセスランキング