メディア

「東京メトロ東西線」で住みやすい街ランキングTOP23! 1位は「妙典」に決定!【2021年投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 東京都の中野駅から千葉県の西船橋駅までをつないでいる「東京メトロ東西線」。各駅には有名なオフィス街から学生街、自然の多いベットタウンなどさまざまなエリアがあり、住みたい人が多い沿線となっています。そこで、2021年10月22日から2021年10月28日までの間、ねとらぼ調査隊では「東西線で住みやすい街はどこ?」というアンケートを実施していました。

 今回のアンケートでは計1723票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます! それでは、投票結果を見ていきましょう。

advertisement

第3位:西葛西

画像は「写真AC」より引用

 第3位は176票を集めた「西葛西」でした。東京都江戸川区にある駅で、周辺には深夜までやっているスーパーや、メトログルメ・ショッピングセンターという商業施設もあり、買い物には困らないエリアです。少し歩けば「江戸川区自然動物園」など緑も多く、ファミリー層にも人気の街となっています。

advertisement

第2位:行徳

画像は「写真AC」より引用

 第2位は231票を集めた「行徳」でした。千葉県市川市にある駅で、バスを利用すれば千葉県の主要な都市や羽田空港にも行けるなどアクセスの良いエリアとなっています。駅前にはスーパーが多く、24時間営業をしている店舗もあるので忙しいサラリーマンにもやさしい街です。少し足を伸ばせば東京湾にも行けるので、自然も多くゆったりと過ごすことができます。

advertisement

第1位:妙典

画像は「写真AC」より引用

 第1位は351票を集めた「妙典」でした。千葉県市川市にある駅で、周辺には大型の商業施設もあり買い物には困らないエリアとなっています。駅前には繁華街がなく店舗は少ないですが、自然があふれていてゆったりと暮らせることができ、ファミリー層を中心に人気のエリアとなっています。東西線の中でも家賃相場が安い傾向にあり住みやすいのも魅力です。

 コメント欄では「朝には始発があって利便性も高い」「近くに江戸川があってバーベキューしたり、釣りしたりできる」との声が挙がりました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.