メディア

日本の「大きな湖」面積ランキングTOP20! 1位の琵琶湖に次ぐ2位は?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「湖」とは、環境省の定義によると、「四面が陸地に囲まれたくぼ地で、池や沼より大きく、5~10メートル以上の深さを持つ水域」のことを指すそうです。日本では琵琶湖が最大の湖であることはよく知られていますが、それに続く面積の湖がどこかはご存じでしょうか?

 今回は国土交通省が発表している資料(令和3年7月1日時点)をもとに、日本にある湖の面積ランキングをお届けします。

(出典:国土交通省国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調」

advertisement

第3位:サロマ湖(151.63平方キロメートル)

画像は「写真AC」より引用

 第3位はサロマ湖です。その面積は151.63平方キロメートル。

 サロマ湖は北海道の北東部にある湖で、日本最大の汽水湖(海水と淡水が混合した塩分を含む湖)としても知られています。オホーツク海の湾入部が、堆砂により切り離される形で形成されたラグーンであり、その誕生は約1000年前とされています。

advertisement

第2位:霞ヶ浦(168.19平方キロメートル)

画像は「写真AC」より引用

 第2位は霞ヶ浦です。その面積は168.19平方キロメートル。

 霞ヶ浦は茨城県にある湖で、その流域面積は同県の3分の1以上にも及びます。釣りや水上オートバイなどのレジャースポットとして知られているほか、日本百景にも選定されています。

advertisement

第1位:琵琶湖(669.26平方キロメートル)

画像は「写真AC」より引用

 第1位は琵琶湖でした。その面積は669.26平方キロメートル。

 琵琶湖は滋賀県に位置する日本最大の淡水湖で、面積のみならず貯水量も日本最大です。誕生は約440万年前で、ロシアのバイカル湖などと並ぶ古代湖(100万年以上存在している湖)の一つとされています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.