メディア

「山田裕貴」さん出演のテレビドラマで好きな作品はどれ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 涼しげで凛々(りり)しい 端正な顔立ちが魅力の俳優・山田裕貴さん。2011年に「海賊戦隊ゴーカイジャー」でスーパー戦隊のサブリーダー役でデビューして以来、数々のドラマや映画などに出演しています。2021年12月放送予定の「志村けんとドリフの大爆笑物語」で主役の志村けんさん役を演じることが決まり、話題となりました。

 今回は山田裕貴さんの出演したドラマで、一番好きな作品の人気投票を実施します! その前に、ここでは山田さんの演技が特に光っていた3作品を紹介しましょう。

advertisement

海賊戦隊ゴーカイジャー

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 スーパー戦隊シリーズの35作目として、2011年2月〜2012年2月に放送された「海賊戦隊ゴーカイジャー」。海賊をモチーフにしているだけでなく、過去の作品へのオマージュもこめられています。

 山田さんはゴーカイブルーに変身するジョー・ギブケンを演じました。ゴーカイジャーでは副船長 ですが、地球を襲撃しようとする「宇宙帝国ザンギャック」の兵士だった過去をもっています。常にクールで無口・無愛想に見えて、実は優しく真面目な努力家。特技はお菓子作りというギャップのあるキャラで人気を集めました。

advertisement

特捜9

画像は「Amazon.co.jp」より
第4話「殺人の城」"

第4話「殺人の城」

Amazonの情報を掲載しています

 2018年からテレビ朝日系列でシリーズ化されている、井ノ原快彦さん主演の刑事ドラマ「特捜9」。故・渡瀬恒彦さん主演の「警視庁捜査一課9係」の続編で、山田さんは、9係のメンバーが再集結した特別捜査班に、新たに加わった新人刑事・新藤亮役で出演しています。

 新藤は手柄をとることばかり考えて先走りやすいため、ちょっとうっとうしいキャラです。当初は地道な捜査方針を軽んじていた新藤が、ある事件を機に少しずつ成長していく姿を、山田さんはていねいに演じています。

advertisement

ここは今から倫理です。

 「ここは今から倫理です。」は、雨瀬シオリさん原作の学園漫画をテレビドラマ化した作品です。NHK総合「よるドラ」枠で2021年1月から3月まで放送されていました。

 山田さんが演じたのは、主役の倫理教師・高柳。とっつきにくそうな雰囲気を放つものの、さまざまな生徒の悩みや問題に真剣に向き合い、解決に向けて一生懸命に取り組む教師を見事に演じました。この作品は、2020年度の第58回ギャラクシー賞テレビ部門奨励賞に選ばれています。

advertisement

山田裕貴さんの出演ドラマであなたが一番好きな作品は?

 選択肢には、山田さんがこれまでに出演したテレビドラマ29タイトルを用意しました。もし、選択肢以外のテレビドラマを推す場合は、その他を選択してコメント欄で作品名と理由を教えてください。みなさんの投票やコメントをお待ちしています!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング