メディア

「私立高校」に通う生徒が多い都道府県ランキング! 1位は東京都の56.9%【2021年速報値】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 今回は、政府統計ポータルサイト「e-Stat」の2021年最新版「学校基本調査」を基に作成した、私立高校に通う生徒の多い都道府県ランキングを紹介します。このランキングは実数順ではなく、各都道府県内の全高校生に占める私立高校生の割合を順序化したものです。

 私立高校に通う生徒の比率が高い都道府県は、いったいどこなのでしょうか。さっそく、TOP3から見ていきましょう。ちなみに、全国平均は33.6%となっています。

(出典:e-Stat「学校基本調査」

advertisement

第3位:大阪府

 第3位は「大阪府」です。私立高校に通う生徒の割合は44.1%となっています。大阪府は、私立高校生の実数でも9万1397人で全国2位。これは、3位の神奈川県(6万9229人)より2万人以上多い数字です。

advertisement

第2位:京都府

 第2位は「京都府」。 私立高校に通う生徒の割合は 47.7%です。京都府は、高校生の生徒数では全国13位の6万6457人ですが、そのうち実に3万1706人が私立高校に在籍。私立高校の生徒数では全国9位にランクアップしています。

advertisement

第1位:東京都

 そして第1位は「東京都」でした。私立高校に通う生徒の割合は、全国で唯一の半数超えとなる56.9%です。東京都は全高校生の数でも全国トップの30万1715人を擁し、私立高校生の実数でも2位の大阪府を約8万人も上回っています。他方で、公立高校の生徒数でも全国1位(12万6739人)ではあるものの、2位の神奈川県(12万6702人)との差はわずか37人というのも特徴的です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.