メディア

「就職に有利だと思う大学」ランキングTOP15! 中部在住者が選ぶ1位は「東京大学」に決定!【2021年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、中部在住者を対象に「就職に有利だと思う大学」に関するアンケートを実施しました。

 はたして「就職に有利」だと思われたのは、どんな大学だったのでしょうか。ランキング結果を見ていきましょう。

advertisement

第3位:早稲田大学

 第3位は「早稲田大学」でした。早稲田大学は大隈重信が1882年に創立した東京専門学校を前身とする大学。学問の独立・学問の活用・模範国民の造就を、建学の精神に位置付けています。「キャリアセンター」が設置されており、外国人留学生から公務員志望の学生まで幅広く支援。内定を得た学生キャリアアドバイザーによるサポートも受けられます。

advertisement

第2位:名古屋大学

 第2位は「名古屋大学」でした。1939年に設置された旧帝国大学で、2018年には「指定国立大学法人」に指定されました。「勇気ある知識人」の育成が掲げられています。「キャリアサポートセンター」が設けられており、手厚い就職支援を実施。さまざまなイベントやセミナーが開催され、就職相談員による個別の就職相談も行われています。進路の決まった先輩にオンラインで相談をできるのも魅力です。

advertisement

第1位:東京大学

 そして第1位は「東京大学」でした。東京大学は東京開成学校と東京医学校が合併し1877年に創立された大学です。リベラル・アーツ教育に重きを置いており、1年生からの2年生の前半まではすべての学生が教養学部に所属。それ以降はより専門的な分野を学べる学部へ進みます。「キャリアサポート室」では、オンラインキャリア相談や、OB・OGとの交流会などを実施。博士過程学生・ポストドクターのキャリア開発にも力を入れており、合同企業説明会や外部講師を招いてのキャリアガイダンスを行っています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.