メディア

Twitterの人気タグ「ガンプラはどんな自由な発想で作ってもいいんだ 」週間TOP10! 「4体のSEED機体」から、「衝撃の変貌を遂げたGNフラッグ」まで、個性豊かな創作作品

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 Twitterで人気のハッシュタグ「#ガンプラはどんな自由な発想で作ってもいいんだ 」。そこでは、モデラー各々が独自のアイデアを練り、新しいガンプラを創作していました。それでは、1週間の「RT」数TOP3を見てみましょう。

3位: SEEDの機体(クノティスさん)

 第3位は、クノティスさんの「SEEDの機体」。投稿された4枚の写真には、アストレイやフォビドゥンガンダムなど、『機動戦士ガンダムSEED』に登場するモビルスーツが写っています。いずれの機体もかっこよくポーズを決めていて躍動感があふれている! 作中での活躍シーンが脳裏に浮かびますね。

 注目したいのは、周囲の家具しか写っていない1枚目。心の目で見ると、ブリッツガンダムの気配が感じられるそうです。ブリッツガンダムは、機体を透明にするスペックが備わっていますからね。実際に、カメラに収めることは難しいでしょう。

advertisement

2位:Hi-νスタイン(ろんさん)

 第2位は、ろんさんのオリジナリティが詰まった「Hi-νスタイン」です。Hi-νガンダムヴレイブの後継機をイメージし、2種類のガンプラをミキシングビルドしているそう。重厚感たっぷりの武装とボディラインからは、ベースに使われたシナンジュスタインの面影を感じ取れます。

 そもそもシナンジュスタインは、『機動戦士ガンダムNT』で主役機の脅威となる存在。一方、Hi-νガンダムヴレイブは、漫画『ガンダムビルドファイターズA』でユウキ・タツヤが作り上げた渾身のプラモデル。ろんさんのガンプラは、全くタイプの異なる機体が合体し、唯一無二のクロスオーバー作品に仕上がっています。

advertisement

1位:GNフラッグ-リペア3【宿命】(グラハム狂さん)

 第1位は、グラハム狂さんによる「GNフラッグ-リペア3【宿命】」でした。『機動戦士ガンダム00』で、悲しい宿命から逃れられないGNフラッグの背景から着想を得たオリジナルの機体です。改造が重ねられ、「必ずガンダムを倒す」というGNフラッグの思いが伝わってきます。

 同時に、パイロットであるグラハム・エーカーがガンダムに抱く、歪んだ愛情も伝わってくるようです。グラハム・エーカーをこよなく愛す、グラハム狂さんだからこそ作り出せたのでしょう。アンチヒーローならではの魅力を再確認させられます。

 週間で人気だった「#ガンプラはどんな自由な発想で作ってもいいんだ 」をもっと見たい方は、次のページからトップ10をどうぞ。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ランキング