メディア

「織田裕二」出演ドラマで好きな作品はなに?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 俳優・歌手として活躍する織田裕二さんは、これまでさまざまな人気ドラマや映画に出演してきました。エネルギッシュで情熱的な演技や、多彩な役をこなす幅の広さなど、唯一無二の存在感を放っていますよね。

 そこで今回は、「『織田裕二』出演ドラマで好きな作品はなに?」というアンケートを実施。あなたの心に残る、織田裕二さんの出演ドラマを教えてください! それではまず、4本の出演ドラマを紹介します。

advertisement

東京ラブストーリー

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 1991年に放送されたトレンディドラマ「東京ラブストーリー」は、織田さんが大ブレイクするきっかけとなった作品。柴門ふみさんによる同名漫画を原作としています。東京を舞台に男女の想いが交錯する恋物語は、若い女性を中心に大ヒット。織田裕二さんは2人の女性の間で揺れる永尾完治(カンチ)を演じ、一躍人気俳優へと躍り出ました。

advertisement

振り返れば奴がいる

 「振り返れば奴がいる」は、1993年に放送されたドラマ。2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を手掛ける三谷幸喜さんが脚本を務めた作品です。病院を舞台に、性格も考え方も異なる2人の医師の対立と絆を描いたシリアスな物語で、織田さんが演じたのは冷徹な天才外科医・司馬江太郎。ラストシーンの衝撃を、今でも覚えているという人も多いのではないでしょうか。

advertisement

お金がない!

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 1994年放送の「お金がない!」は、勤め先の工場が倒産し苦境に陥った青年が、持ち前の才覚と強運を武器にビジネスマンとして成功をつかむサクセスストーリー。織田さんは明るくポジティブな主人公・萩原健太郎を演じました。主題歌の「OVER THE TROUBLE」も織田さんが歌っており、ドラマとともにこちらもヒットしました。

advertisement

踊る大捜査線シリーズ

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 フジテレビを代表する刑事ドラマの1つである「踊る大捜査線」シリーズは、1997年に連続ドラマとしてスタートした作品。後には多数のスペシャルドラマや劇場版、スピンオフ作品も制作され、一連のシリーズはいまなお高い人気を誇っています。

 織田さんが演じた刑事・青島俊作は、営業マンとして働いていた経験や人懐こい性格を生かし、さまざまな事件で活躍。飄々とした雰囲気ながらも、胸には熱い正義感を秘めた青島の姿にあこがれた人も多いのでは?

advertisement

あなたが好きな織田裕二さん出演ドラマは?

画像は「Amazon.co.jp」より引用
BEST OF BEST~20th Aniversary~"

BEST OF BEST~20th Aniversary~

織田裕二
Amazonの情報を掲載しています

 織田裕二さんがこれまで出演してきたドラマから、4本を紹介しました。このほかにも、「外交官 黒田康作」や「IQ246~華麗なる事件簿~」など、さまざまなドラマに出演しています。

 今回のアンケートでは、織田裕二さん公式サイトの「バイオグラフィ」に掲載のドラマをベースに、30本のドラマを選択肢にピックアップ。選択肢にないドラマに投票したい場合は、「その他」を選択してコメント欄で作品名を教えてください。ドラマや役柄の好きなポイントといったコメントとともに、投票お待ちしています!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.