メディア

「あんスタ」と「シンフォギア」の双璧! 2019年夏アニメの注目度を調べてみた

「事件簿アニメ」もグイグイ来てます。

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

「事件簿アニメ」もグイグイ来てます。

2019年夏アニメ放送直前! 調べずにはいられない!

 7月です。いよいよ夏本番ですが、この季節に欠かせないのが夏アニメです。暑さに負けない精神を磨くためアニメを摂取することは水分摂取の次ぐらいに重要なわけですが、いよいよ夏アニメの放送が始まろうとしている今、ネットで盛り上がっているのはどのタイトルなのでしょうか。調べてみました。

advertisement

「2019年夏アニメ注目度ランキング」の調査概要

 プラスアルファ・コンサルティングが提供する、SNS(ブログ・Twitter)やアンケートをテキストマイニングにより分析するSaaS型ツール「見える化エンジン」を利用して調査を行いました。

調査期間2019年6月1日~6月30日
調査対象Twitter
調査件数2万(10% サンプリング)
調査キーワード夏アニメ公式ハッシュタグ
調査方法対象期間の2万件分(10% サンプリング)の投稿を対象とし、テキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正
advertisement

調査結果

公式ハッシュタグ別注目度ランキング

順位タイトルTW数割合
1あんさんぶるスターズ!(#あんスタ)36,04018.0%
2戦姫絶唱シンフォギアXV(#symphogear)18,5009.3%
3ロード・エルメロイII世の事件簿(#事件簿アニメ)3,9402.0%
4からかい上手の高木さん(#高木さんめ)3,8701.9%
5ウルトラマンタイガ(#ウルトラマンタイガ)3,8001.9%
6ギヴン(#ギヴン)3,7301.9%
7ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(#danmachi)2,0801.0%
8スタミュ 高校星歌劇(#スタミュ)2,0101.0%
9かつて神だった獣たちへ(#katsukami)1,9801.0%
10とある科学の一方通行(#アクセラレータ)1,8300.9%

 6月にTwitterで最も盛り上がった夏アニメは、「あんさんぶるスターズ」(あんスタ)でした。なんと全体の18%が「あんスタ」に関するツイートというすさまじい勢いです。同名のアイドル育成スマートフォン用ゲームが原作。

 第2位は「戦姫絶唱シンフォギアXV」(シンフォギア)。全体の9.3%と、こちらもかなりの数字です。2012年に第1期が放送されて以来高い人気を誇り、今回で第5期目という長く愛され続けている作品となっています。キャラクターたちが歌いながら戦うアクションが特徴的。

 第3位は、「ロード・エルメロイII世の事件簿」(事件簿アニメ)。「Fate/stay night」シリーズのスピンアウト作品で、三田誠さんによる小説が原作です。漫画化を経て、今回アニメ化されます。

上位5位の時系列で見てみた

 「あんスタ」は計測期間中のほとんどでツイート数1位という安定した盛り上がりを見せています。一方、「シンフォギア」は6月7日のPVや新キャラクター公開、リツイートキャンペーンなどで1日にすさまじい伸びを見せました。「事件簿アニメ」は計測期間終盤の6月27日から急激に伸び始めたため、今後順位の入れ替わりを起こせるポテンシャルが見て取れます。

1位 「あんさんぶるスターズ!」の盛り上がり

 「あんスタ」で特にリツイートされていた投稿は、公式によるキャラクター紹介ツイート。放送日までのカウントダウンとともに1キャラずつ紹介しているのですが、リツイート数がキャラクターの人気投票場のような状態になっています。リプライ欄では、ファンたちがキャラの良さについて熱く語り合っていました。

2位 「戦姫絶唱シンフォギアXV」の盛り上がり

 「シンフォギア」は、前述の通り6月7日に投稿されたPVと新キャラクターの紹介が盛り上がっていました。「テレビシリーズ完結」が明かされたことも大きかったようです。

3位 「ロード・エルメロイII世の事件簿」の盛り上がり

 「事件簿アニメ」では、キャラクターデザインを担当した中井準さんのツイートが大きな伸びを見せていました。2019年1月1日に投稿されたツイートですが、6月に入ってから一気にリツイートされたようです。

advertisement

まとめ

 6月時点では「あんスタ」と「シンフォギア」がネット上で大きな盛り上がりを見せましたが、放送が始まるのはこれから。「からかい上手の高木さん」や「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」など固定ファンのついた第2期の作品は楽しみにしている人も多いでしょうし、現時点では全く無名な作品が途中から爆発的に盛り上がる可能性もあります。楽しみですね。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング