メディア

「機動戦士ガンダムSEED」であなたが一番乗ってみたいMS・MAはなに?【2022年版人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ナチュラルとコーディネーターという二つの人種による対立を軸に、地球連合軍とザフト軍との戦いを描いたテレビアニメ「機動戦士ガンダムSEED」。21世紀における「ガンダム」シリーズの“新たなスタンダード”を標榜して制作された本作は大きな人気を集め、のちに続編や外伝も制作されたほか、2021年には新章となる漫画「機動戦士ガンダムSEED ECLIPSE」の展開も開始されました。

 そんな「機動戦士ガンダムSEED」は、今年2022年でテレビ放送開始から20周年を迎えます。そこで今回は「ガンダムSEEDで乗ってみたい好きなMS・MAは?」というアンケートを実施します。あなたがぜひとも操縦したいと思う機体にご投票ください! それではまず、作中に登場するMSから3機をピックアップして紹介しましょう。

advertisement

ストライクガンダム

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 「機動戦士ガンダムSEED」に登場する主人公、キラ・ヤマトが乗るMSです。未完成だったOSを、キラが最適化したことでナチュラルには使えなくなってしまい、しばらくは彼専用の機体となりました。ストライカーパックシステムによって装備を換装して戦闘を行えるのが最大の特徴。機動性を重視した「エール」、近接戦闘用の「ソード」、砲撃戦用の「ランチャー」のほか、HDリマスター版では全部乗せともいうべき「パーフェクトストライク」という形態も披露されました。

advertisement

フリーダムガンダム

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 「機動戦士ガンダムSEED」の後半から登場するMSで、キラ・ヤマトが搭乗する新主役機です。従来のMSとは一線を画す性能と火力を有し、核エンジンを搭載することで実装された強力なラケルタ・ビームサーベルやルプス・ビームライフルのほか、各部に装備されたビーム砲やレール砲など、豊富な武装が魅力です。また、巨大補助兵装「ミーティア」とドッキングして運用できるほか、全武装を展開し一斉砲撃を行う「ハイマット・フルバースト」は極めて高い破壊力を持っています。

advertisement

ジャスティスガンダム

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 「機動戦士ガンダムSEED」の後半からフリーダムと共に登場する新型MS。アスラン・ザラが搭乗し、キラと共闘し三隻同盟の主戦力として活躍しました。武装はフリーダムと同様にラケルタ・ビームサーベルやルプス・ビームライフルを装備するほか、背部フライトユニットの「ファトゥム-00」と連携した幅広い攻撃を行えるのがこの機体の大きな特徴です。また、こちらも同じく「ミーティア」とドッキングして運用することができます。

advertisement

まとめ

 ここまで「機動戦士ガンダムSEED」に登場した3機のMSをピックアップして紹介しました。選択肢にはテレビアニメ「機動戦士ガンダムSEED」本編に登場する主なMS・MA27機を用意しています。

 なお、戦闘機や戦車などに分類されている機体や、続編・外伝およびMSVなどの「SEED」本編に登場していない機体は含めていませんのでご注意ください。ですが、もし選択肢外のMS・MAに投票したいという場合は「その他」を選択のうえ、コメント欄に機体名と投票理由をお書きください。

 ほかにも各機体の魅力的なところや、思い出に残っている作中の印象的なシーン、もし自分が操縦したらどんなことをしてみたいかなども、ぜひコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしています!

advertisement

アンケート

機動戦士ガンダムSEED
画像は「Amazon.co.jp」より引用

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング