メディア

【2020年秋アニメ】原作本の売上ランキングTOP10! 1位はバレーボールに青春をかけた作品!

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 オンライン書店の「honto」は、丸善、ジュンク堂書店、文教堂などと、hontoサイトで購入された書籍や電子書籍の販売データをもとに集計した「2020年秋アニメ原作本ランキング」を発表しました。

 一部の作品は既に放送が始まっている秋アニメですが、原作の売上はどのようになっているのでしょうか? 本記事ではその結果を紹介していきます。

advertisement

3位

 3位は『呪術廻戦 11 渋谷事変 −開門−』でした。こちらは10月2日から第1話の放送が始まっている作品で、週刊少年ジャンプにて連載中。最新刊である「呪術廻戦 13 渋谷事変 −霹靂−」も販売中です。

 超人的な身体能力を持っているものの、宮城県で普通の高校生として過ごしていた虎杖悠仁が、とある事件をきっかけに東京都立呪術高等専門学校に転校するというあらすじ。虎杖と伏黒恵、釘崎野薔薇など、他の呪術師との関係性や、綿密に練られた設定、爽快感のある戦闘シーンが評価されている作品です。

呪術廻戦 13 (ジャンプコミックスDIGITAL)"

呪術廻戦 13 (ジャンプコミックスDIGITAL)

芥見下々
460円(01/21 09:16時点)
発売日: 2020/10/02
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

2位

 2位は『ゴールデンカムイ』の22巻でした。ゴールデンカムイは10月5日より第3期の放送がスタート。既に第1期と第2期が放送され、好評を博している作品です。最新刊の23巻も発売中。

 日露戦争終結後、元陸軍兵の杉元佐一は幼なじみ梅子の病気の治療費を得ようと北海道で砂金を取っていたところ、冬眠明けのヒグマに襲われ、その危機をアイヌの少女・アシリパに救われます。その後、アイヌが秘蔵していた金塊が奪われたことや、父親が殺されたことなどを知り、2人は協力関係となります。

 アイヌの食など、文化についても描かれており、グルメ漫画としても楽しめると話題になりました。

ゴールデンカムイ 23 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)"

ゴールデンカムイ 23 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

野田サトル
564円(01/21 09:16時点)
発売日: 2020/09/18
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

1位

 そして第1位は『ハイキュー!!』の43巻でした。こちらは第4期の第2クールとなっており、10月2日から放送がスタートしています。原作は週刊少年ジャンプ2020年33・34合併号にて完結。最新刊である44巻も発売中。

 第1期から第3期までで春高バレーの宮城県予選が描かれており、第4期では春高バレーの全国大会がスタートしています! ついに稲荷崎高校戦がアニメで描かれます!

ハイキュー!! 44 (ジャンプコミックスDIGITAL)"

ハイキュー!! 44 (ジャンプコミックスDIGITAL)

古舘春一
460円(01/21 09:16時点)
発売日: 2020/08/04
Amazonの情報を掲載しています

 ランキング10位~1位の全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.