メディア

「浦沢直樹」の好きな作品ランキングTOP10! 1位は「YAWARA!」に決定!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1983年のデビュー以来、多くの名作を作り出してきた浦沢直樹さん。これまでに数々の漫画賞を受賞してきた、日本を代表する漫画家です。そこでねとらぼ調査隊では、2月24日から3月3日まで「『浦沢直樹』作品で一番好きなのはどれ?」というアンケートを実施しました。

 今回のアンケートでは計5088票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます! それでは上位の結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:MASTERキートン

出典「Amazon.co.jp
MASTER KEATON / 1 完全版 (ビッグコミックススペシャル)"

MASTER KEATON / 1 完全版 (ビッグコミックススペシャル)

浦沢 直樹
1,362円(08/15 22:12時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は1425票を集めた「MASTERキートン」です。1988年から1994年にかけて「ビッグコミックオリジナル」で連載された作品で、脚本は勝鹿北星さん、長崎尚志さんとの共作となりました。

 主人公の平賀=キートン・太一は、元イギリス陸軍特殊空挺部隊SASのサバイバル教官、考古学研究の大学講師、ロイズ保険組合の調査員という3つの顔を持ち、さまざまな要素が混ざりあったストーリーが人気。コメント欄では「単話で読めるものが多く、考古学、ミリタリー、サスペンスなど面白い話が多かった」との声が挙がっています。

advertisement

第1位:YAWARA!

出典「Amazon.co.jp

 第1位は1472票を集めた「YAWARA!」です。1986年から1993年にかけて「ビッグコミックスピリッツ」で連載された作品で、アニメ化や実写映画化もされ大ヒットしました。

 主人公は天才的な柔道の才能を持つ少女・猪熊柔。幼少期のころから、伝説的な柔道家である祖父に特訓を受けオリンピックを目指すことを期待されますが、本人は普通の女の子になりたいと願っています。コメント欄では「当時、一番等身大で身近なストーリーだったYAWARA!に決めました」という声がありました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.