メディア

【1万票以上集まる】【競馬】「ディープインパクト」産駒のG1優勝馬人気ランキングTOP30! 1位は「コントレイル」!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、2022年4月7日から4月13日までの間「あなたの好きなディープインパクト産駒のG1優勝馬は?」というアンケートを実施していました。

 今回のアンケートでは計1万605票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます!

 圧倒的な強さで無敗の三冠馬となり、競馬ファン以外もその名前を知っている「ディープインパクト」。現役を引退した後も、種牡馬として多くの実績を残しました。そんな偉大な名馬であるディープインパクトの血を受け継いだ産駒のG1優勝馬の中で最も人気だったのはどの競走馬だったのか。ランキングを見ていきましょう!

advertisement

第2位:キズナ

 第2位には1193票を集めた「キズナ」がランクイン。その印象的な名前は、東日本大震災からの復興を願って付けられました。2012年の「2歳新馬」でデビューし、翌年には父馬を彷彿とさせる見事な走りで、2013年の「日本ダービー」を制覇。さらに同年には、日本の競馬ファンの期待を背負い、3冠馬オルフェーヴルと共に「凱旋門賞」にも挑戦し、大きな話題となりました。

 その後は、怪我に泣かされ引退しますが、2021年のエリザベス女王杯で優勝したアカイイトを輩出するなど種牡馬としても活躍しており、現在でも多くのファンに愛されています。コメント欄では「ダービーが近づいてくると必ず思い出す」といった声が見受けられました。

advertisement

第1位:コントレイル

 そして、第1位は2106票を集めた「コントレイル」でした! 2019年のデビュー以来、圧倒的な強さで勝ち続け、2020年には破竹の勢いでクラシックレースを制覇。日本競馬史上初となる父子二代での「無敗の三冠馬」となりました。

 その後は、なかなか勝ちきれないレースが続きましたが、引退レースとなった2021年の「ジャパンカップ」で優勝。見事に有終の美を飾っています。コメント欄では「つぶらな目とおでこの電話機マーク、客席に向かってお辞儀したりするお利口さんなところがかわいすぎる」といった声が寄せられていました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「スポーツ」のアクセスランキング