メディア

愛知県在住者が「住み続けたい自治体」ランキングTOP30! 1位は「長久手市」【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 リクルートが、愛知県に居住している人を対象に行ったWEBアンケート「SUUMO住民実感調査2022 愛知県版」の結果を発表しました。今回はその中から愛知県在住者が選んだ「住み続けたい自治体ランキング」を紹介します。愛知県に住む人から「住み続けたい」と思われたのはどの自治体でしょうか。さっそく結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:名古屋市昭和区

画像:PIXTA

 第2位は「名古屋市昭和区」でした。名古屋市の中心地にほど近く、鶴舞中央図書館のある鶴舞公園など文化施設の多い昭和区。名古屋大学医学部や中京大学など多くの大学が密集する地域であり、中部地方でも屈指の文教地区として知られています。御器所駅をはじめ、地下鉄鶴舞線や桜通線、市営バスなど交通の便が良く、駅周辺には商業施設も充実しており、住みやすい街として人気となっています。自然や街並みを生かした景観づくりがされた、落ち着いた雰囲気も魅力です。

advertisement

第1位:長久手市

画像:PIXTA

 そして第1位は「長久手市」でした。愛知県の北西部、名古屋市に隣接する長久手市は、少子高齢化・人口減少が進む日本においても若い世代を中心に人口が増え、平均年齢が2020年時点で40.2歳と日本で一番若い街として有名です。名古屋市中心部や自動車産業が盛んな豊田市などへのアクセスがしやすく、一方で愛・地球博の跡地につくられた「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」など豊かな自然や公園なども充実しているのが魅力。また今回の調査では「街の魅力」について、「子育てに関する自治体サービスが充実している」などの声が挙がっていました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング