メディア

YouTubeで見られるラーメンズのコント人気投票結果発表! 1位は巧みな伏線が見事な「採集」!

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、2020年10月11日から11月10日までの期間、「YouTubeで見られるラーメンズのコント、あなたのお気に入りは?」と題して人気投票を実施しました。

 片桐仁さんと小林賢太郎さんのユニット「ラーメンズ」のコントは、片桐さんのキャラクターや小林さんのマイム、笑いやホラー、そして伏線を散りばめたストーリーなど、たくさんの魅力にあふれています。また、あるコントで演じられたネタが他のコントで伏線となるなど、公演全体を通すと初めて分かる巧みな“しかけ”も、ファンの心を掴んで離さない魅力の一つです。

 ラーメンズとしての本公演は2009年の「TOWER」を最後に上演されていませんが、YouTubeでは過去に演じられた珠玉のコント100本が視聴できます。今回は、そんなラーメンズの公式YouTubeチャンネルで公開されているコント100本を対象に人気投票を実施。3581票と多くの人に投票いただきました。ありがとうございました!

 それでは、アンケート結果を見ていきましょう!

「男女の気持ち」より(画像はラーメンズYouTube公式チャンネルより引用)
advertisement

TOP3は?

 まずはTOP3を紹介。上位3つだけで、投票総数の24%近くを占める結果となりました。

順位項目名票数
1「採集」347
2「器用で不器用な男と不器用で器用な男の話」260
3「銀河鉄道の夜のような夜」250
advertisement

第3位「銀河鉄道の夜のような夜」

 第3位に入ったのは、第16回公演「TEXT」で演じられた「銀河鉄道の夜のような夜」。得票数は250票(全体の7.0%)でした。

 序盤は誤植を軸にした言葉遊びや突飛なかけあいで笑いが止まらない一方、後半は一転、宮沢賢治さんの『銀河鉄道の夜』の世界観を感じさせるシリアスな物語が展開されていきます。他のコントのネタも拾いつつ進むストーリーは、まさに公演を締めくくるのに相応しいコントでしたね。特に牛乳屋のくだりが印象に残っています。

advertisement

第2位「器用で不器用な男と不器用で器用な男の話」

 第2位に入ったのは、第9回公演「鯨」のコント「器用で不器用な男と不器用で器用な男の話」でした。得票数は260票(全体の7.3%)でした。

 次々とジョークを繰り出す芸術家の片桐さんと、そのすべてを真に受けるサラリーマンの小林さんのテンポの良いかけあいは最高でしたね。個人的には「ねぇよ、そんな国!」を万能なツッコミだと思い込んで楽しそうに繰り返す小林さんの愛らしさが、特に印象に残っています。

 後半は一転、芸術家としての将来を捨てようとする片桐さんと、そんな彼にずっと憧れてきた小林さんの本音のやりとりにウルっと来ます。笑いあり、涙ありの素晴らしいコントです。ラストのオチもクスっと笑えて、たまりません。

advertisement

第1位「採集」

 第1位に輝いたのは、第12回公演「ATOM」で演じられた「採集」でした。得票数は347票で、全体の9.7%を占めました。

 都会で働く小林さんが田舎へ帰り、そこで昔なじみの片桐さんと再会。最初は思い出の体育館で卓球をしたり、かつて好きだった同級生の話で盛り上がったり楽しげな雰囲気。しかし、中盤に小林さんが一人で体育館に取り残されてからは雰囲気が一転。小林さんの置かれた状況の不可解さが次第に明らかになり、物語はだんだんホラーな方向へ。そこからラストへ向けて伏線が次々と回収されていき、物語は意外な結末を迎えます。

 違和感なく用意された見事な伏線が高い評価を集める本作は、小林さんの一人芝居やラップも魅力的です。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.