メディア

「初代プレステ」で思い入れのある作品ランキングTOP22! 1位は「ファイナルファンタジーシリーズ」【2021年調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ソニー・コンピュータエンタテインメントが1994年12月3日に発売した「プレイステーション」。3Dグラフィックを楽しめる家庭用ゲーム機として、世界中で大ヒットを記録しました。

 今回、ねとらぼ調査隊ではアンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、「初代プレステで思い入れのある作品は?」というテーマでアンケート調査を実施しました。多くの名作ソフトが発売されましたが、どの作品がランクインしているでしょうか? それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:ドラゴンクエストシリーズ

出典「Amazon.co.jp

 第2位は「ドラゴンクエストシリーズ」です。当時、任天堂のゲーム機で遊べるソフトとして認知されていたドラゴンクエストシリーズ。2000年8月に、「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」で初めてプレイステーション用のソフトとして販売されました。このソフトから、視点を360度変えられるようになり、上空から広域を見渡してエリアを確認できる機能も楽しめることに。プレイステーションの機能を生かし、初めての3Dポリゴンを採用したグラフィックや、重厚なストーリーで人気となりました。

advertisement

第1位:ファイナルファンタジーシリーズ

出典「Amazon.co.jp

 第1位は「ファイナルファンタジーシリーズ」です。ドラゴンクエストと同じく任天堂のゲーム機でおなじみだったファイナルファンタジーですが、1997年1月に発売された「ファイナルファンタジーVII」はプレイステーションで発売。3Dポリゴンや動画を使った映像表現が人気となり大ヒットを記録しました。武具に取り付けるマテリアを駆使して、自分で攻撃や回復などを組み合わせることができるシステムが採用されたことも特徴。多くのミニゲームも用意され、プレイヤーを楽しませました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ゲーム」のアクセスランキング