メディア

【競馬】「ステイゴールド」産駒の「G1優勝馬」人気ランキングTOP13! 1位は「オルフェーヴル」!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2022年5月9日から5月15日までの間、ねとらぼ調査隊では「好きなステイゴールド産駒のG1優勝馬は?」というアンケートを実施していました。

 今回のアンケートでは計2315票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます! 

 引退レース「香港ヴァーズ」で日本産・日本調教馬として初となる海外G1を制覇した「ステイゴールド」。そんなステイゴールドは、引退後に種牡馬としても活躍しました。ステイゴールド産駒のG1優勝馬の中で、人気を集めたのはどの競走馬だったのでしょうか。それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:ゴールドシップ

 第2位は「ゴールドシップ」でした。得票数は675票です。2011年から2015年まで、競走馬として活躍していた牡馬。2012年の皐月賞・菊花賞を制したことで、クラシック二冠馬に。その後の有馬記念でも勝利し、JRA賞最優秀3歳牡馬を受賞しました。さらに、宝塚記念の連覇・阪神大賞典の3連覇といった偉業も成し遂げています。通算成績は、28戦13勝です。「ゴルシ」と呼ばれ、現在でも根強い人気を誇ります。

 コメント欄では「ステゴ産駒といえば愛さずにはいられないゴールドシップ」「ゴールドシップのレースを観て、競馬に興味を持ちました」といった声が上がっています。

advertisement

第1位:オルフェーヴル

 第1位は「オルフェーヴル」でした。得票数は720票です。2010年から2013年まで、競走馬として活躍していた牡馬。2011年に皐月賞・東京優駿・菊花賞で勝利し、史上7頭目となるクラシック三冠馬になりました。通算成績は、21戦12勝です。2013年の有馬記念で有終の美を飾り、華々しく引退。2014年に、日本調教馬として初となる「ロンジンワールドベストレースホース」を受賞しました。その後は、種牡馬としてラッキーライラックやエポカドーロなどを輩出しています。

 コメント欄では「どの馬も好きですが、やはり『金色の暴君』と謳われた彼が大好きです。強さで人に夢を見せた名馬だと思います。勝利数など、記録が抜かれても、私の中の最強はずっと彼です」という声が上がりました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「スポーツ」のアクセスランキング