メディア

「総合商社に入社しやすい」と思う大学ランキングTOP16! 東海の人が選んだ1位は「東京大学」【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、東海地方の男女を対象に「総合商社に入社しやすいと思う大学」というテーマでアンケートを実施しました。就職先として根強い人気を誇る総合商社へ入社しやすいと思われている大学はどこだったのでしょうか。さっそく結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:慶應義塾大学

 第2位は「慶應義塾大学」でした。得票率は26.1%です。1858年に、福澤諭吉によって創立された私立大学。港区の三田キャンパスに拠点を置いています。

 「実学」を重視した教育を展開し、幅広い分野で数多くの卒業生が活躍しています。就職力も高く、「世界大学就職力ランキング」(QS Graduate Employability Rankings 2022)では、56位にランクインしました。

 5大総合商社への就職人数も多く、ダイヤモンドオンラインの調査によれば、2020年の三菱商事・伊藤忠商事・三井物産・住友商事による採用人数は、慶應義塾大学が1位でした。

advertisement

第1位:東京大学

 第1位は「東京大学」でした。得票率は29.7%です。1877年に創立された、歴史ある国立大学。文京区本郷に本部を構えています。リベラルアーツ教育を重視し、前期課程の2年間は教養学部に所属。後期課程から専門分野を学習します。

 卒業生は民間企業だけではなく、官公庁や研究機関など多岐にわたる領域で活躍。キャリアに関する支援が手厚く、ポスドクや留学生へのサポート体制も整っています。

  ダイヤモンドオンラインの調査では、2020年の三菱商事・伊藤忠商事・三井物産・住友商事・丸紅による採用人数で、それぞれ3位にランクイン。就職でも名門大学としての実力を発揮しています。

advertisement

関連動画

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.