メディア

【2022年春ドラマ】ドラマ化されてうれしかった漫画ランキングTOP9! 1位は『正直不動産』!【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2022年4月クールから方法がスタートした「2022年春ドラマ」。オリジナルドラマと共に盛り上がりを見せている漫画を原作としたドラマ作品。原作ファンや、出演している俳優ファンの中には毎週の放送を心待ちにしているという人もいると思います。

 ということで、本記事では「日本トレンドリサーチ」と「推し漫」が共同で行った「ドラマ化されて嬉しかった漫画」についての調査結果を紹介していきます。

(出典元:日本トレンドリサーチ推し漫

advertisement

第2位:悪女

出典「Amazon.co.jp
悪女(わる)(1) (BE・LOVEコミックス)"

悪女(わる)(1) (BE・LOVEコミックス)

深見じゅん
528円(07/02 00:12時点)
発売日: 1989/07/10
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は『悪女』でした。深見じゅんさんによる漫画作品で「悪女」と書いて「わる」と読みます。1992年に一度テレビドラマ化されており、現在放送中のドラマは「悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜」というタイトルになっています。

 今回のドラマでは主人公の田中麻理鈴を今田美桜さんが務めており、今回がテレビドラマ初主演。ストーリーは現在の情勢やコロナ禍などをふまえたストーリーとなっており、少しポンコツな新社会人・田中麻理鈴が一目ぼれした先輩社員に近づくために、さまざまな困難に立ち向かいながらもがむしゃらに働いていく、という内容になっています。

advertisement

第1位:正直不動産

出典「Amazon.co.jp

 第1位は『正直不動産』でした。原案・夏原武さん、脚本・水野光博さん、作画・大谷アキラさんによる不動産業界の漫画作品。さまざまな問題が付きものな不動産。そんな業界で営業として働く、山下智久さん演じる主人公・永瀬財地も口八丁で営業成績No.1を維持してきましたが、ある日の事件をきっかけに、嘘がつけなくなってしまいます。

 原作は、不動産業界の闇を描き、実際に起こった事件などもいち早く取り入れていくことでも話題となっていました。そんな話題作をNHKのドラマ10枠でドラマ化。山下智久さん以外にも福原遥さんや市原隼人さん、お笑い芸人シソンヌの長谷川忍さんなど、豪華なキャスティングです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.