メディア

「東京のうなぎ屋」で一番うまいと思う店はどこ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 お寿司や天ぷらと並んで、ハレの日の日本食の代表格とされるのが「うなぎ」。近年はニホンウナギの漁獲量が減少し、価格も高騰していることから、食文化を守りながら持続可能な消費の在り方が模索されています。「食べるなら専門店で」という考え方もその一つといえるでしょう。

 うなぎは日本中で食べられていますが、地域によって蒲焼きの調理法などが異なることでも知られています。有名なのは東西で「蒸し」の過程が入るかどうか。蒸し上げて脂を落とし、ふわっと仕上げる関東風と、蒸さずに皮目のバリっとした食感を楽しむ関西風。愛知の「ひつまぶし」や福岡の「せいろ蒸し」などの名物と呼ばれる食べ方もあります。

 そうした地域差がある中で、今回考えてみたいのは「東京で一番うまいと思う『うなぎ屋』」というテーマです。

 名店としてよく名前が挙がるのは、天然ものと養殖ものの食べ比べなどが楽しめる「かぶと」(池袋)や、行列必至の南千住の老舗「尾花」。下町情緒あふれる「鰻禅」のコストパフォーマンスの高さも目を見張るものがあります。

 さらに関東風と関西風が両方味わえる「愛川」(高田馬場)や、ハイクオリティな味とサービスの両方で評価が高い四ツ木の「魚政」や駒込の「つぐみ庵」などもよく知られています。

 老舗の有名店や高級店がひしめく東京で、あなたの一番のお気に入りの「うなぎ屋」はどこでしょうか? 理由も合わせてぜひ教えてください。

advertisement

投票方法

 投票は、この記事のコメント欄に直接書き込む方式でお願いします。集計のため、投票したい項目は下の「名前欄」に記入してください。上の「本文欄」では、投票した理由を教えてください。

名前欄に「投票したい項目」、本文欄に「投票理由」

(例)
【本文欄】かぶと(池袋)
【名前欄】天然ものと養殖ものの食べ比べが最高

コメント欄に書き込む

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.