メディア

「スクウェア」初代プレイステーション作品人気ランキングTOP22! 1位は「ファイナルファンタジーVII」【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2022年4月19日から4月26日までの間、ねとらぼ調査隊では「あなたが一番好きな『スクウェアの初代PS作品』は?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は、スクウェア(現在のスクウェア・エニックス)が発売した初代プレイステーション用ソフトとなります。好きな作品が投票項目にない場合は「その他」に投票のうえ、コメントで作品名を教えてもらいました。

 今回のアンケートでは計553票の投票をいただきました。ご投票ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:ゼノギアス

 第2位は「ゼノギアス」でした。得票数は81票です。1998年2月11日に発売されたタイトルで、正式ジャンルは「新世代サイバネティックRPG」と付けられています。

 ロボットアニメなどのSFや宗教、臨床心理学や科学用語など、さまざま要素を盛り込んだ作品で、そのクオリティだけでなく難解さも魅力。特に多くの伏線が張り巡らされたストーリーは、多くのファンから高い評価を得ています。

 スクウェアの作品としては初となる、声優がキャラクターボイスを担当しているのも特徴。生身のキャラクターだけでなく、ギアと呼ばれるロボットを操作することも。

advertisement

第1位:ファイナルファンタジーVII

 第1位は「ファイナルファンタジーVII」でした。得票数は88票です。1997年1月31日に発売されたRPGで、日本だけでなく海外でも大ヒットを記録した作品。2020年4月10日にはプレイステーション4でリメイク作品「ファイナルファンタジーVII リメイク」が発売されました。

 「ファイナルファンタジー」シリーズ初のプレイステーション用ソフトで、スーパーファミコン時代の2Dドット絵ではなく、3Dポリゴンを活用したグラフィックが話題に。画期的なマテリアシステムも、プレイヤーから好評を得ています。

 コメントでは「ストーリーの理解や伏線回収具合、グラフィックの妥当性を含めた完成度や満足度を考えると、やはり『ファイナルファンタジーVII』です」「ストーリー・キャラクター・音楽、すべてに感動しました」といった声が寄せられていました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.