メディア

2020年ママたちの「エンタメ」トレンドランキング! 親子でも楽しめる「鬼滅の刃」が3部門で圧倒!

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 トレンダーズは、独自のインフルエンサーネットワーク「LIN(Life-Influencers Network)」にて「2020年のトレンドランキング」に関する調査を実施し、集計を基にしたランキングを公開しました。

 中でも注目されているのは、急増した“おうち時間”に親子でも楽しめる「エンタメ」コンテンツ。ライフスタイルが激変した2020年に、ママたちのトレンドとなったエンタメコンテンツとは……?

第3位 半沢直樹

 第3位となったのは、TBS系「日曜劇場」におけるテレビドラマ「半沢直樹」でした。記録的な高視聴率を残した前作から7年ぶりに帰ってきた作品として、大きく注目を集めていた作品です。

 ちなみに、ねとらぼ調査隊では、登場人物の人気投票を実施していました。

画像はTBS公式サイトより引用
Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.
advertisement

第2位 あつ森

 第2位となったのは「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」でした。あつ森は、Nintendo Switchのゲームタイトルとして3月20日に発売。発売から6週間で国内外1341万本を売り上げ、Nintendo Switchのゲームタイトルの中で歴代2位の販売本数を記録するなど、メガヒットしました。

 親子で楽しめるようなほのぼのとした世界観で、子どもを寝かしつけたあとに、家族みんなの島の手入れをするママもいるとか。

画像は「あつまれ どうぶつの森」公式サイトより引用
advertisement

第1位 鬼滅の刃

 第1位となったのは「鬼滅の刃」でした。「エンタメ」部門だけでなく「キッズ」部門、「小学生」部門でも第1位を獲得しており、親子で楽しめる作品として親しまれているようです。

 『週刊少年ジャンプ』で連載されていた原作は5月をもって終了してしまいましたが、10月に公開された「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、映画公開の初日から3日間で興行収入が46億2311万7450円に到達するなど、社会現象を巻き起こした作品といえるでしょう。

画像は集英社「鬼滅の刃」公式サイトより引用

 「ママトレンド2020」部門別のTOP10は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.