メディア

「菊池桃子」のシングル曲人気ランキングTOP12! 1位は「雪にかいたLOVE LETTER」【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1983年に芸能活動を開始し、翌年に歌手としてデビューをはたした菊池桃子さん。特徴的な歌声から多くのファンを集めました。その後は、タレント活動以外にも大学教員をつとめるなど幅広い活動を行っています。

 ねとらぼ調査隊では、2022年6月9日から6月15日までの間、「『菊池桃子』の好きなシングル曲は?」というアンケートを実施していました。

 アンケートでは423票の投票をいただきました。さっそくランキング上位の結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:もう逢えないかもしれない

出典:Amazon.co.jp
もう逢えないかもしれない"

もう逢えないかもしれない

250円(08/14 09:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は「もう逢えないかもしれない」です。1985年9月に発売した6枚目のシングルで、江崎グリコ「ポッキー」のCMに使用されました。

 作詞を康珍化さん、作曲を林哲司さんという歌謡曲のヒットソングを数多く作ってきたクリエイターが担当しています。菊池さんのやさしい歌声を堪能できる、ゆったりとしたテンポの楽曲。ここ最近のシティポップブームで再評価されている菊池さんの作品の中で、哀愁と気持ちのいいリズムがクセになる1曲として知られています。

 コメント欄では「片思いの彼に会いたくて会いたくて、切なくてこの曲歌ったけなあ」との声があがっています。

advertisement

第1位:雪にかいたLOVE LETTER

出典:Amazon.co.jp
雪にかいたLOVE LETTER"

雪にかいたLOVE LETTER

300円(08/14 09:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は「雪にかいたLOVE LETTER」となりました。1984年に発売された3枚目のシングルで、作詞を秋元康さん、作曲・編曲を林哲司さんが担当。

 好きな人に思いを伝えたい女性の気持ちを歌うクリスマスソングで、曲の最後に「メリー・クリスマス!」とセリフが入っていることでもおなじみの楽曲。アレンジはシンセを多用したシティポップで、コーラスも美しい作品に仕上がっています。

 コメント欄では「彼女の歌で旋律が一番好きかな」との声があがっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「芸能人」のアクセスランキング