メディア

「大河ドラマの織田信長役」で好きな人は誰?【2022年版人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 戦国時代に活躍した戦国大名「織田信長」。戦国武将の中では最もポピュラーな人物の一人であり、「織田信長のファン」という人も多いでしょう。NHKによる大河ドラマでも数多くの俳優が信長を演じており、その時代やストーリーにより、個性豊かな信長像を見ることができます。

 そこで今回、ねとらぼ調査隊では「大河ドラマで一番好きな織田信長役は?」という人気投票を行います。ぜひ、あなたの推し信長役へご投票をよろしくお願いします! それでは、全16人の「信長俳優」から3人を抜粋して紹介します。

advertisement

高橋幸治(太閤記・黄金の日日)

画像:NHK放送史

 1965年の「太閤記」と1978年の「黄金の日日」の2作で織田信長を演じたのが、高橋幸治さん。ちなみに同じ人物が大河ドラマで2度信長を演じたのは、現時点で藤岡弘、さん(おんな太閤記・春日局)と高橋さんの2人だけです。

 文学座出身で、彫りの深い顔立ちと凛々しさ、そして演技力で視聴者からの支持を集めた高橋さんの信長。「太閤記」では「信長を死なせないで」という投書がNHKに殺到した、という伝説が残っています。「黄金の日日」では同じく太閤記で秀吉役を演じた緒形拳さんとともに再登板し、大河ドラマファンを驚かせました。

advertisement

反町隆史(利家とまつ~加賀百万石物語~)

出典:Amazon.co.jp

 2002年放送の「利家とまつ〜加賀百万石物語〜」は、41作目の大河ドラマ。信長と秀吉に仕えた前田利家と、その妻・まつを中心に据えて物語が展開されます。

 この作品では、カリスマ性をもちつつも、時に歯を見せて大笑いするような人間味あふれる信長を反町隆史さんが演じました。「で、あるか」という口癖を、今も覚えているという人も多いのではないでしょうか。

advertisement

染谷将太(麒麟がくる)

 2020年放送の「麒麟がくる」は、59作目の大河ドラマ。「本能寺の変」の首謀者としておなじみの「明智光秀」を主役にその生涯を描く大河ドラマです。

 もちろん「明智光秀」の生涯を描く上で欠かせないのが「織田信長」の存在。作中では染谷将太さんが織田信長を演じており、当時最新の研究結果を取り入れた信長像が好評でした。

advertisement

大河ドラマで一番好きな織田信長役は?

 今回はこれまで大河ドラマで信長を演じた俳優を3人抜粋して紹介しました。織田信長は主役でも脇役でも、物語をより一層引き締めてくれる重要な存在。2023年の大河ドラマ「どうする家康」では、岡田准一さんが信長を演じることが発表されており、どんな信長像となるのか、楽しみですよね。

 アンケートの選択肢には16人の「大河ドラマで織田信長を演じたことがある俳優」を作品名とともにラインアップしています。「この織田信長が好き!」という作品があれば、ぜひ投票よろしくお願いします!

advertisement

アンケート

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング