メディア

「インターネット」を毎日使わない人が多い都道府県ランキング! 1位は「福島県」【2021年調査】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 今や人々の生活に欠かせないものの一つといえば「インターネット」。空き時間や通勤・通学の最中に動画や音楽を視聴したり、SNSを楽しんだりする人も多いかもしれませんね。幅広い世代に広まって久しいインターネットですが、都道府県ごとの利用頻度に違いはあるのでしょうか。

 そこで今回は、総務省による「令和3年通信利用動向調査」をもとに、「インターネットを毎日使わない人が多い都道府県ランキング」を紹介します。このランキングは、同調査において「インターネットを毎日少なくとも1回は利用している」と答えた人の割合が少ない順に、都道府県を並べ替えたものです。

(出典:e-Stat「令和3年通信利用動向調査」

advertisement

第2位:熊本県(75.3%)

 第2位は「熊本県」です。「毎日少なくとも1回は利用している」と答えた人の割合は75.3%。全国平均は82.4%となっており、7.1ポイント低くなっています。

 同調査による「都道府県別インターネット利用状況(個人)」によると、熊本県のインターネット利用率は75.5%で全国38位となる低さでした。熊本県阿蘇市と産山村では、情報格差の解消に共同で取り組んでおり、2011年4月から光回線による高速インターネットサービスを公設公営で提供中。回線とともに「お知らせ端末」も提供することで、行政からのお知らせや緊急防災情報などの情報もすぐに確認できる環境を構築し、まちづくりと地域活性化に貢献しています。

advertisement

第1位:福島県(74.2%)

 第1位は「福島県」。「毎日少なくとも1回は利用している」と答えた人の割合は74.2%でした。ちなみに最も多かったのは東京都で、87%が毎日利用していると回答しています。

 福島県のインターネット利用率は、73.5%で全国44位の低さ。全国平均の79.8%より6.3ポイント低い利用率となっています。ちなみに、「週に少なくとも1回は利用」と回答した人は12.4%で、こちらは全国1位。ほどほどにインターネットを利用している、という人が多いようです。

 そんな福島県では、2001年度から行政の情報化推進に取り組んでおり、2022年度からは4年にわたる「福島県デジタル化推進計画」を実施。「誰もが行政手続をオンラインで行える社会」「個人及び事業者に最適な情報やサービスが自動で提供される社会」を目指し、さまざまな施策に取り組んでいます。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.