メディア

「松田聖子」シングル曲人気ランキングTOP31! 1位は「瞳はダイアモンド」【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 高い歌唱力と可憐なルックスで、80年代を代表するアイドルとして人気を集めた松田聖子さん。ねとらぼ調査隊では、2022年6月18日から6月24日まで、「『松田聖子』のシングル曲で一番好きなのはどれ?」というアンケートを実施しました。

 3328票の投票があった中で、見事1位に選ばれたのはどの曲なのでしょうか? さっそくランキング上位の結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:チェリーブラッサム

出典:Amazon.co.jp
チェリーブラッサム"

チェリーブラッサム

250円(08/19 20:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は313票を集めた「チェリーブラッサム」です。1981年にリリースされた4枚目のシングルで、作曲は「チューリップ」として活躍していた財津和夫さんが担当。作詞を務めた三浦徳子さんが、好きな人への抑えきれない初々しい女性の気持ちを見事に表現しています。

 聖子さんの楽曲でおなじみの大村雅朗さんによって、ストリングスを使った胸が躍るようなアレンジを実現。2021年に発売したアルバム「SEIKO MATSUDA 2021」では、セルフカバーとなる「チェリーブラッサム2021」を発表しています。

 コメント欄では「アイドルと決定付けた歌と衣裳と完璧な聖子ちゃんカット」「イントロとロックな曲調がカッコよかった」との声があがっています。

advertisement

第1位:瞳はダイアモンド

出典:Amazon.co.jp
瞳はダイアモンド (CCCD)"

瞳はダイアモンド (CCCD)

松田聖子
10,361円(08/19 20:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は323票を集めた「瞳はダイアモンド」となりました。1983年にリリースされた15枚目のシングルで、それまでの聖子さんの楽曲としては珍しい大人の失恋ソングとして人気となりました。

 作詞は、数多くの名曲を作り出してきた松本隆さんで、作曲は松任谷由実さんが担当。アレンジは松任谷正隆さんが参加し、美しいメロディを聞かせる一曲となっています。後に、徳永英明さんやCHARAさんにカバーされるなど、不朽の名曲として知られています。

 コメント欄では「メロディラインが始めからサビまで絶え間なく美しいと思います」「いまでも聴きます」との声があがっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「音楽」のアクセスランキング