メディア

「英断」「なぜ保育所は対象外?」 政府の臨時休校要請、発表までの流れと問題点を整理する

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

臨時休校は日本医師会からの要望

 今回の臨時休校の要請は、日本医師会からの要望に政府が応じた結果とみられます。

 NHKによれば、2月27日、日本医師会の横倉義武会長が首相官邸を訪問。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、学校の臨時休校や春休みの前倒し実施など対策を強化するよう要望しました。

 ただ、横倉会長が提出した要望書によれば、提案されたのは「患者クラスターや地域の流行状況に応じ、学校医と相談のうえ、地域における学校の臨時休業や春休みの弾力的な設定」であり、全国の学校が対象とはなっていませんでした。

 この点について「専門家の判断を仰いだ上で全国に拡大したのか」など、疑問の声も上がっています。

 萩生田光一文部科学大臣は28日、記者会見を行い、「今までは感染ルートが一定程度、把握できる発症者だったが、なぜその地域で発症したのか分からない感染例が出てきている。万が一学校で発症者が出れば、一気に感染が拡大するリスクがあると専門家からの指摘もあり、今回の決定に至った」と説明しています。

 なお、日本医師会の要望書は、同会のWebサイトから見られます(日本医師会「新型コロナウイルス感染症に関する要望書」へ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.