連載
» 2014年10月22日 06時45分 公開

これで3年続いてます――超シンプルな「リバウンドしにくい食事記録」法すずまり流“続く”健康管理(1/2 ページ)

30〜40代ともなると、体の無理が利かなくなってきます。徹夜ができなくなった、寝ても寝ても疲れが取れない、以前より気分ややる気にムラが出るようになった――。そんな毎日を改善したいなら、食事管理を始めてみるのがおすすめです。

[すずまり,ITmedia]

 「体は食べたものでつくられていますから、食べているものを見れば自分が何でできているのかが、よくわかります」

 これは伊達友美さんの『「食べる」だけダイエット』に書かれていたお気に入りのフレーズです。この本を読んだのはかれこれ3〜4年前でしょうか。16キロ減という本気のダイエットを終えて、リバウンド対策を考えているときに出会った本です。

 確かにそうだ! と衝撃をうけました。言われてみれば当たり前なのですが、「食べる」とは何かを改めて考えさせられるきっかけになりました。

 いつ、何をどう食べるのか、すべては自分の選択にかかっています。消費カロリーと摂取カロリーのバランスや栄養が偏れば、結果として太ったり体調が崩れたりするわけです。ダイエットはやせて終わりではありません。その後ずっと続く“維持”からが本当の勝負なのです。

 「苦労してせっかくやせたのに、あっさりリバウンドさせてなるものか。これからは何を食べるか、ちゃんと把握していかなくては」そんな思いから私の食事管理が始まりました。

続かない記録……「本当に知りたいこと」を書き出してみた

 しかし、なかなかこれという方法には出会えないもの。当初はレコーディングダイエットよろしく手帳に手書きしつつ、カロリー計算もしていたのですが、手間がかかって続きませんでした。というのも、自分の食事の9割が自炊だからです。名前の付けられないようなメニューばかりで、素材から書かないと何を食べたか分かりません。

 こんな時代なのだからやはりスマホで管理が便利だと考え、いくつかアプリも使ってみましたが、どうもしっくりきませんでした。データベースを持ちカロリー計算できるものもありますが、外食しない自分にはほとんど当てはまりません。最後は「写真撮っただけで勝手にカロリー計算してくれたらいいのに」と思っていました。悩んでいるうちに、撮影した写真はスマホのアルバムの中に埋もれていきました。

当初記録に使っていた手帳。体組成データ、摂取カロリー、摂取栄養素などかなり細かめに記入していたが、続かなかった

 あるとき、そもそもそこまでカロリーにナーバスになる必要があるだろうか、と思えてきました。毎食お腹がぱんぱんになるまで食べていたら、そもそもその行為が問題ですが、基本的に腹八分目の食事なら、大幅にカロリーオーバーすることはないのではないか。病気で医者から厳しく言われている場合を除き、神経質になる必要はないのでは? とも。だったら、カロリー云々は気にせず、食べたものが何か分かる写真があればいいという結論に。

 記録もシンプルが望ましい。アプリを起動して、食事管理メニューを出して、登録をタップして、カメラかアルバムかを選んで、これでいいですかと聞かれて、さらに保存の確認をして……なんてことはしたくありません。標準のカメラで撮るがごとく、最小限の操作で済ませたい。自分のニーズを整理するとこんな感じになりました。

  • いつ、何を、どれくらい食べたのかを明らかにするだけでいい
  • カロリーは記録しない。写真だけにする
  • 写真の保存に何タップもしたくない
  • 食べる前にパッと撮影するだけにしたい
  • 撮影後の写真は、それだけをまとめて見られる状態がいい
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」