第8回 Oculus Rift×「進撃の巨人」――情報や作品を「体験」に変えるデバイス“ウェアラブル”の今(1/2 ページ)

ヘッドマウントディスプレイの「Oculus Rift」は、バーチャルリアリティに特化したウェアラブルデバイスだ。腕時計型やメガネ型とはまた異なる可能性を持つこのデバイスを、「進撃の巨人」展で体験してきた。

» 2014年12月15日 15時00分 公開
[松村太郎ITmedia]

 巨人に襲われそうになって、鳥肌が立つ。そこを、ミカサに助けてもらう。そんな、マンガやアニメで見た世界の“中の登場人物”が体験できる5分間に、じんわりと手に汗を握り、終わって現実世界に戻ってきた際、不思議な達成感に酔いしれる。

 東京・上野の森美術館で開かれている「進撃の巨人展」で、ヘッドマウントディスプレイOculus Riftを装着して楽しむ事ができる「360°体感シアター “哮”」(こう)。進撃の巨人の世界に入り込むことができる、新しい体験を得ることができた、というのが率直な感想だった。身に付けるヘッドマウントディスプレイが作り出す世界の可能性を感じられる、面白い例だ。

進撃の巨人展 東京・上野の森美術館で1月25日まで開催されている進撃の巨人展。1月からの後期展示では、原画も入れ替えられるという

Oculus Riftとは

 Oculus Riftは、Oculus VRが開発したヘッドマウント型ディスプレイだ。ゴーグル型で完全に視界を遮り、目の前の視界のほぼ全体で映像を楽しめる仕組み。加速度センサーが入っているため、上下左右どちらを向いても、作られた3D空間の中の「その方向」が映し出される。

 つまり、3D空間の中を実際に歩いたり、あたりを見回したりすることができるようになる、仮想空間の中に入れるようになるウェアラブルデバイス、と位置づけることができる。

Occulus Riftで進撃の巨人の世界体験 本展の入場とは別に、360°シアターの体験列が設けられ、10分から15分間隔で入れ替えながら楽しむ事ができる

 「進撃の巨人展」で使われた仕組みは、Oculus Riftの位置をトラッキングするカメラがテーブルに備え付けてあり、空間の中で物体をのぞき込むような動きをセンシングすることができる。例えば、正面にいる人を避け、回り込むようにして見ることもできる点で、より生々しい空間の中での視線を実現しているのだ。Google Glassは実際の空間に画面を浮かせる仕組みだが、Oculus Riftでは完全に現実世界の視界がなくなる。そのため、歩きながら、あるいは公共空間の場で使用する可能性はきわめて低いデバイスだ。

 その代わり、自分の真上から足下まで、あるいは背後までも見渡すことができる、コンテンツが作り出した空間への没入感を体験することができるのだ。

Occulus Rift Oculus Rift体験中。ちょうどこのときは、近くを歩いて行くエレンが変身した巨人を見上げているところ

 ちなみに、Oculus VRはFacebookに買収されている。筆者がこのデバイスを体験したのは、Facebookが2014年春に開催した開発者イベントF8の会場だった。10分間の体験は、正直なところ、酔った。体験として新しすぎるせいか、まだ体が対応できていない、そんな印象を受ける。

空間ごと、五感ごと作り上げる、コンテンツを作る自由さ

 今回のOculus Riftを使ったコンテンツは、進撃の巨人の世界の中で展開されるで5分間のストーリーだ。巨人に奪われた土地を人間が奪還する作戦が展開されており、Oculus Riftを装着する観客らは、自分もその作戦に参加している一員として、立体起動のワイヤーアクションや巨人の退治を行う。

 このコンテンツの制作に当たったDot by Dotの関賢一氏は、「作り手としては面白い道具」と説明する。

 「作り方としては、街のデータはアニメの空間をそのまま使い、データを最適化しました。またキャラクターの3D CGは、ゼロから起こし、モーションキャプチャーで動きをつけました。過去にチームでJRAと進撃の巨人のコラボ作品を手がけた経験があり、原作やアニメをよく頭に入れていたため、原作世界を壊さず制作できました」(関氏)

 関氏が属するチームはもともと、3D CGやOculus Riftを専門とするプロダクションではない。同社は新しいテクノロジーを活用した広告やコンテンツを得意としており、カンヌ国際広告祭の常連だ。今回は関氏がプロデューサーとして入り、クリエイティブディレクターの谷口恭介氏を中心として制作が行われたという。

 「Web制作を手がけていたチームで、ヤフーのジェットコースターを使ったトレンドコースターを手がけたのがきっかけで、今回のOculus Riftを活用したコンテンツの制作を行いました。トレンドコースターは、検索のトレンド数の推移のグラフがジェットコースターのコースとなるもので、傾斜角30度まで傾くジェットコースターをチェコで買い付けて、作りました」(関氏)

 仮想空間の中で人が動くことを再現する際に、Oculus Riftの視覚だけでも、相当な体験を行うことができる。実際、筆者が初めてOculus Riftを体験した際、視覚だけの体験でも酔うほどだった。

 しかしここに、実際の画面の中の動きに合わせて、座っているコースターが上下動したり、扇風機で作り出された風が顔に当たると、その視覚の体験が強化される。それにしても30度傾くと、相当怖いように感じるだろう。

 進撃の巨人のコンテンツを再現する際にも、視覚以外のこだわりとして「音」があった。ここも非常に苦労した点だったという。3D空間の制作はUnityを利用したが、音やセリフを空間のどこから鳴らすか、という調整が大変だったそうだ。

 また、例えば地面に着地する、剣を抜く、立体機動のワイヤーを発射する、といったOculusRiftを装着している本人の動作に関わる音は、本来小さくても、作品の中では大きく強調しなければ埋もれてしまい、動作が体験者に伝わらなくなる。こうしたチューニングにも気を配っている。何で音を聴くか、という点にもこだわりがあった。

 「Oculus Riftを装着してからヘッドフォンをかけるのですが、このヘッドフォンを何にするか、という点も悩みました。当初、音場の再現が豊かなものも検討しましたが、巨人と対峙する際の音は、やはり迫力のある低音が重要。そこで、重低音が鳴る際に、ヘッドフォンそのものも振動するScull Candyの製品を選択しました」(関氏)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  2. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  5. /nl/articles/2404/12/news172.jpg いなば食品、「由比のボロ家報道について」とするコメント発表 「誠意をもって改修に全力」
  6. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  7. /nl/articles/2404/12/news132.jpg 2歳女の子、空港で祖父母を見つけた瞬間! 2200万再生の喜びダッシュに「トトロに出てくるメイちゃんに見えた笑」【豪】
  8. /nl/articles/2404/13/news006.jpg 1歳妹、6歳姉のお迎えは大興奮→ママのお迎えは……? 270万再生のリアクションに「差が歴然ですねw」「可愛いすぎる姉妹ですね」
  9. /nl/articles/2404/13/news008.jpg デート中の妻に「野球しよう」と誘ったら……エッッ!? まさかの腕前にしびれちゃう「かっこよー!」「いったい何者……?」
  10. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」