連載
» 2015年01月09日 00時06分 公開

年の始めはファスティング――暴飲暴食の痕跡をリセットしよう!ヘルシーライフの新常識

怒涛の宴会ラッシュだった年末年始が明け、胃が、お腹が、身体が重いっ! そんなあなたにオススメなのが「ファスティング」。ダイエットのため? いえいえ、デトックスのためです。

[ことばや/伊藤佳代子,ITmedia]

 最近ブームとなっているファスティング。なじみのある言葉で言えば、断食のこと。元々はヨガの用語で、古くから修行の一環として精神を鍛えるために行われてきました。それが今、病気の治療や健康促進の方法として脚光を浴びています。

 身体に溜まった「毒素」をデトックスする。それが現代のファスティングです。年末年始の暴飲暴食で溜め込んだアレやコレ、長年に渡って身体に蓄積してきた不要なモノたちを、ここでスッキリ断捨離してしまいましょう。

現代人の胃腸は毎日がオーバーワーク

 年末年始にかぎらず、現代人は普段から「食べすぎ」だと言われています。食べたものを消化して、栄養を吸収し、不要な物は排出する。そんな当たり前の身体のサイクルが困難になるほど、たくさんの食べ物を口にしているのです。しかも、手軽な外食やコンビニ弁当などには食品添加物やトランス脂肪酸が多く含まれ、それらを消化するにはより多くのエネルギーが必要です。

 つまり、現代人に胃腸は常にオーバーワーク。さらに、煙草の煙や排気ガス、化粧品や洗剤に含まれる化学物質など、食べ物以外からもさまざまな有害物質が身体の中に入ってきます。負担は増える一方で、現代社会は、内臓にとってもストレスいっぱいと言うことができるでしょう。

 あなたの毎日の食生活をちょっと思い出してみてください。暴飲暴食は年末年始だけのことですか? インスタント食品を日頃からよく食べていませんか? コンビニのおにぎりやサンドイッチで食事を済ませていませんか? 思い当たる節のある人は、きっと内臓が疲労困憊しているはず。身体に毒素を貯めこんでいる可能性大です。

ファスティングで内臓に休息を

 私たちも休みなく働き続けていれば疲れもしますし、能力も効率も落ちてきます。それは、内臓にとっても同じこと。オーバーワークの連続ではやがてパンクしてしまいます。

 ファスティング、つまり、食べ物を口にしないことで胃腸に休暇を与え、溜め込んだ不要物を一度しっかりリセットしたうえで、本来の機能を回復させてしっかり働く内臓へもどしましょう。リフレッシュした内臓は、正しく消化し、吸収し、排出できる健康な状態に戻るはずです。

 断食なんて、何日か食べなければいいだけ、と早合点してはいけません。正しい知識なしに見切り発車すると、効果がないどころか、逆効果になることも。そこで次回は、正しいファスティングのやり方についてご紹介しましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」