ニュース
» 2015年01月22日 16時51分 公開

着信通知機能搭載の「Fitbit Charge」、国内でも今春発売

米Fitbitの活動量計「Fitbit Charge」が国内でも今春に登場する。歩数や消費カロリーの計測など基本的な機能に加えて、スマホと連携しての着信通知機能も搭載した。

[杉本吏,ITmedia]

 米Fitbitは1月22日、国内初展開となる活動量計製品「Fitbit Charge」の今春発売を発表した。価格は未定だが、米国では129.95ドルで販売している。

Fitbit Charge

 Fitbit Chargeは、手首に着けて使うウェアラブルタイプの活動量計。その日の歩数や消費カロリー、睡眠時間の測定などができる。これら従来モデルからの基本機能に加え、Chargeでは新たにスマートフォンと連携した着信通知機能や、バイブレーションによるサイレントアラーム機能を搭載した。

 Fitbitシリーズには、エントリーモデルのZip、中級機のOne、10色のカラーバリエーションをそろえるFlexなどがあり、以前はソフトバンクモバイルが国内販売代理店としてFlexのみを独占販売していたが、昨年から家電量販店などでの全国展開を開始。今回新発売するChargeが国内4製品目となる。また、米国ではすでに登場しているCharge HRとSurgeの2015年内の国内発売も予定している。

左から順に、エントリーモデルでコンパクトなクリップ型の「Fitbit Zip」、睡眠トラッキング機能と階段昇降数の測定に対応した「Fitbit One」、10色のカラーバリエーションをそろえる「Fitbit Flex」

 ウェアラブル製品市場は、2018年までに市場規模が現在の6倍である190億円となることが予測されるなど(米Juniper Research調べ)、成長市場として多くの新製品が投入されている。Fitbitは2014年の米国内シェアが67%と市場をリードしているが、ナイキの「FuelBand」やJawboneの「UP」、さらに今春登場がうわさされるアップルのスマートウォッチ「Apple Watch」など競合は多い。

 Fitbitでアジアパシフィック地域のバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めるヨランダ・チャン氏は、「日本のウェアラブル市場の成長グラフは、FitbitがシェアNo.1である米国の成長グラフと似ている」とした上で、「エントリーモデルからハイエンドモデルまで、多くのラインアップをそろえている点で他社と比べて優位性がある」とコメント。

 ウェアラブル市場の起爆剤として大きな期待が寄せられるApple Watchとのすみ分けについては、「Fitbitはヘルスケアとフィットネスだけに100%注力しており、スマートフォンのアクセサリーのようなものとは根本的に異なる」とし、「シリコンバレーではPh.Dを持った多くのエンジニアが日々開発を進めている。過去7年間の研究開発の経験を生かしてよりよいプロダクトを展開していきたい」と抱負を述べた。

Fitbitのヨランダ・チャン氏
ファッションブランド「トリーバーチ」とFitbit Chargeのコラボモデル
コラボモデルのネックレスタイプ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」