新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年12月14日 15時02分 UPDATE

「7×6」はマルで「6×7」だとバツ!? かけ算の順序教育が話題に

1つ7人座れる長いすが6つ。これを「6×7」にすると減点されることをめぐって議論が。

[ITmedia]

 小学校で習うかけ算のテストで、正しい答えを導いていても式の順序によっては減点になるという指導方針が議論になっています。Togetter「教育がやばい『掛け算の順序にこだわる教科書』」にも詳しい解説がまとめられています。

画像

画像 「○人×○個=○人」という「単位のサンドイッチ」による教え方

 Twitterで話題になっていたのは、例えば小学2年生のこんな答案。「長いすが6つあります。1つのいすに7人ずつすわると、みんなで何人すわれますか」という問題です。これに対して「6×7=42」と答えると、式が間違っているとして減点される場合があるそうです。人数を求められているのだから、「7人」が「6つ」で答えが「42人」になるという考え方を身につけることを重視しているようです。

 こうした事例はほかにもいくつもあるようで「かけ算の順番なんて重要か?」という声も。問題の意味を正しくとらえることは重要ですが、数学者の黒木玄氏は「かけ算の順序を逆に書いた子供の(おそらく)全員が文章題の内容を正しく図で描けるほどよく理解していた」という例などを挙げ、かけ算の順序に厳密にこだわっている現在の教育(教科書)について疑問を投げかけています。

画像 Togetterのコメント欄でも様々な意見が

 また、「初期段階にかけ算の考えをなじませるための手法としてはいい」「在庫管理システムで請求金額と在庫数の違いといった概念が身につく」とメリットを指摘する意見も。数学的には「交換法則」として間違いではないため、どこまで単位にこだわって教えるか、といった点が議論になっているようです。

関連キーワード

小学校 | Togetter | 教育 | 教科書 | 数学 | まとめ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事