ニュース
» 2014年10月02日 18時10分 UPDATE

TwitterがMITに1000万ドル出資 全ツイートデータを提供し解析へ

MITメディアラボが調査グループを新設し解析します。

[ねとらぼ]

 Twitterは10月1日(現地時間)、 米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究プロジェクトに1000万ドル(約10億8800万円)を出資し、調査のために過去およびリアルタイムのツイートデータを提供すると発表した


画像 MIT News

 これによりMITは、Twitter創業者ジャック・ドーシー氏の初ツイート(2006年)を含む公開中の全データにアクセスできる。同大学は調査グループ「Laboratory for Social Machines」(LSM)をメディアラボ内に新設し、ツイートを解析することで「社会問題に取り組むための個人および組織向けの新しいプラットフォーム作り」を目指す。


画像 LSM公式サイト

 Twitterは「LSMはエキサイティングなステップで、今後も研究コミュニティのサポートは続けていく」とコメントしている。同社は今年2月に、研究機関向けのデータ提供プログラム「Twitter Data Grants」を発表し、1300件以上の申請を受けた。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー