ニュース
» 2017年01月29日 18時43分 UPDATE

200メートル平泳ぎで世界新、渡辺一平を北島康介が祝福 「素晴らしい瞬間に立ち会えたことに感謝」

史上初の2分6秒台をマークしました。

[まっつ,ねとらぼ]

 競泳のリオデジャネイロ五輪代表・渡辺一平選手(早大)が1月29日、北島康介杯・東京都選手権の男子200メートル平泳ぎで世界新記録を塗り替えて優勝しました。それを受け、元競泳選手の北島康介さんがTwitterで渡辺選手を祝福しています。


渡辺一平 渡辺一平さん(画像は早稲田大学水泳部から)

 これまでの世界記録は2012年9月に山口観弘選手が出した2分7秒01でしたが、渡辺選手はその記録を0秒34更新。史上初の2分6秒台となる、2分6秒67をマークしました。

 渡辺選手は2016年の日本選手権予選で2分8秒83の自己ベストを記録し、決勝で2分9秒45を出してリオデジャネイロ五輪代表入りが決定。その後、2016年8月に開催されたリオデジャネイロ五輪の準決勝では2分7秒22の五輪記録を樹立し、そして今回、半年も経たずにその記録を0秒55も更新しました。2020年の東京五輪でも活躍が期待される選手の1人と言えるでしょう。

 北島さんは、そんな渡辺選手へ向け「渡辺一平選手世界記録おめでとう 素晴らしい瞬間に立ち会えたことに感謝!!」とツイートし、優勝を労いました。ちなみに北島さんは、2008年6月のジャパンオープンで2分07秒51の記録をマークしています。

北島康介 北島康介さん(画像は北島康介オフィシャルサイトのプロフィールから)

関連キーワード

早稲田大学 | 優勝 | 男子 | 水泳


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「目黒寄生虫館」の取材をレポートする

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!