ニュース
» 2017年02月09日 12時04分 UPDATE

Facebookに「コミュニティヘルプ」機能追加 災害時の食料・避難場所探し、適切な支援方法の調査に

支援する側、される側のすれ違いが減りそうです。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 Facebookが2月8日(米国時間)、災害時に食料、避難場所などを探したり、適切な支援方法を調べたりできる「コミュニティヘルプ」機能を発表しました。


画像 安否確認できる「災害時情報センター」に、支援を受けたり提供したりできる機能を追加

 2011年に東日本大震災が発生したとき、Facebookを安否確認に利用する人が現れたことをヒントに、同Webサービスは2014年から自分の無事を報告できる機能「災害時情報センター」を国際的に提供。事故、災害などの発生時にのみ有効化されるもので、ネパール地震(2015年)やフロリダ銃乱射事件(2016年)でも利用されています。

 「コミュニティヘルプ」は同機能に追加される形で導入。被害者が必要な食料や避難場所、移動手段を探せるほか、支援が必要な物資や場所について投稿することも。支援を行いたい場合はそれを閲覧したり、被害者と直接メッセージをやり取りしたりすることが可能です。

 数週間以内に日本などで利用できるようになり、将来的には世界的に展開される予定です。


画像 「災害時情報センター」利用イメージ

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう