ニュース
» 2017年08月25日 13時47分 UPDATE

主人公は弱気で卑屈! “異色”野球コミック『おおきく振りかぶって』が舞台化決定!

おお振り舞台化きた!

[深戸進路,ねとらぼ]

 ひぐちアサさんによる青春野球漫画『おおきく振りかぶって』の舞台化が決定。2018年2月に東京のサンシャイン劇場で上演されます。

おおきく振りかぶって 舞台 おお振り舞台化決定!

 講談社『月刊アフタヌーン』で連載中の同名漫画が原作。新設野球部の球児たちが甲子園優勝を目指す姿を描いた青春物語ですが、主人公の三橋廉は弱気で卑屈、全体を通してスポ根要素も少なめという、スポーツ漫画の常識を逆手に取ったような異色の作品となっています。2006年には第10回手塚治虫文化賞新生賞を受賞、2007年にはテレビアニメも放送されるなど人気を博しており、原作コミックスは現在27巻まで刊行されています。

おおきく振りかぶって 舞台化 漫画『おおきく振りかぶって』1巻(画像はAmazon.co.jpから)

 舞台の脚本、演出を手掛けるのは、演劇集団「キャラメルボックス」の成井豊さん。同作を、野球漫画として「全く新しいタイプ」と表現しており、「一言で言えば、『弱者の物語』」「弱者が誠実に戦いに臨み、周囲の認識を覆していく。特別な才能を持たない者にとって、これほど勇気の出る物語はありません」と他のスポーツ漫画にはない魅力に心動かされたことを語っています。

 出演者やストーリーなどは未発表。公式サイトTwitterアカウントがオープンしており、舞台化を発表したツイートは2万リツイートを超えるなど大反響を呼んでいます。


(C)ひぐちアサ/講談社


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう