ニュース
» 2017年10月08日 09時00分 UPDATE

“セクハラやじ”飛ばした相手と自撮りしインスタ投稿 オランダの女性が路上セクハラ問題訴え

写っている男性には、笑顔で楽しそうな人も。相手を不快にさせているという自覚がないようです。

[ねとらぼ]

 “Catcall(セクハラやじ)”は褒め言葉じゃない――オランダの女性が、路上でセクハラやじを飛ばしてきた男性と自撮りをしてInstagramに投稿するというプロジェクトを実施し、海外で注目を集めています。

dearcatcallers @dearcatcallersアカウント。最近は1カ月の投稿が終わったことについての説明が並んでいる

 Noa Jansmaさんが取り上げたのは「Catcall」と呼ばれる問題。街を歩く相手に向けて「お姉ちゃんかわいいねえ」のように声をかけたり、口笛を吹いたりと、性的な意味合いでアプローチする行為です。彼女はこの問題を訴えるため、@dearcatcallersというInstagramアカウントを立ち上げます。

 @dearcatcallersで彼女は「Catcallは褒め言葉ではない」と呼びかけ、アカウントを立ち上げたのは「女性をモノとして扱うことについて、認識を高める」ことが目的と説明しています。1カ月の間、彼女はこのアカウントに、街でCatcallをしてきた男性と一緒に撮った写真を投稿しました。写真は同意を得た上で撮影したそうです。

dearcatcallers 笑顔で写っている男性も。無表情なJansmaさんとは対照的(@dearcatcallersアカウントから)

 投稿された写真は20枚以上。「ベイビー! ベイビー!」「キスしたい?」「電話番号教えて」「セクシーガール、1人でどこ行くの?」など、相手から言われたことも添えられています。笑顔で楽しそうに写っている男性も見られ、自分の行為が迷惑なものだとは思っていないようです。

 JansmaさんはCatcallは世界的な問題であり、このプロジェクトは自分だけにかかわるものではないとして、アカウントを世界中の女性に渡すつもりだとしています。

 2014年には「女性が10時間ニューヨークを歩いたらどれだけセクハラやじを飛ばされるか」を描いた動画を、路上ハラスメントに反対する団体が公開し話題になりました。動画の再生数は現在4500万回を超えています。@dearcatcallersも20万人を超えるフォロワーを集めており、多くの人がこの問題に注目していることが分かります。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう