ニュース
» 2017年12月16日 11時00分 公開

えんやの銭湯イラストめぐり:女性サウナーは今すぐ行くべき! 南千住「湯どんぶり栄湯」を今一番オススメしたい理由

今回はえんやさんが「絶対紹介したい!」と熱く語る「湯どんぶり栄湯」をご紹介。女性サウナーに特にオススメしたい理由とは

[enya honami,ねとらぼ]

 銭湯イラストレーター、enya honami(塩谷歩波)さん(@enyahonami)がお気に入りの銭湯をイラストで紹介する「えんやの銭湯イラストめぐり」。第12回は三ノ輪駅より徒歩12分、今一番女性サウナ好きにおすすめしたい銭湯「湯どんぶり栄湯」を紹介します。



湯どんぶり栄湯 銭湯 湯どんぶり栄湯内部図解(クリックで拡大表示します)。複製画が入り口、脱衣所、浴室などに展示中(作:enya honami


連載一覧




湯どんぶり栄湯(東京・南千住)


湯どんぶり栄湯 銭湯 外観。ビルの一階に入ったいわゆる“ビル型銭湯”


湯どんぶり栄湯 銭湯 女湯浴室。中央の壁画は銭湯絵師の田中みずきさんによるもの


湯どんぶり栄湯

住所:東京都台東区日本堤1-4-5

電話番号:03-3875-2885

URL:http://sakaeyu.com/

営業時間:14時00分〜24時00分(日曜、祝日は12時00分から)

定休日:水曜日





えんやメモ

  • 広々三段構成! 魅力のヒマラヤ岩塩サウナ
  • サウナ後もバッチリ。軟水利用のレインシャワーと水風呂
  • お風呂につぼ湯ってどういうこと? 開放的な露天風呂!
  • 広々とした女湯サウナへの主人の思い
  • 他にもまだまだ。湯どんぶりをオススメしたい理由



登場人物

えんや


えんや:週5日は小杉湯、週2日は他の銭湯に通う銭湯マニアイラストレーター。好きな水風呂の温度は「15度」。


ねとらぼ


ねとらぼ編集:ねとらぼ編集部の銭湯好き。




広々三段構成! 魅力のヒマラヤ岩塩サウナ


えんや


今日はサウナの話をします!!


ねとらぼ


なんか勢いがすごい。



湯どんぶり栄湯 銭湯 女湯サウナ


えんや


これ女湯の写真なんですけど、柱の手前と奥でストーブが2台あるんですよ……!!!! 改装した時に男湯と女湯のサウナをつなげたのでこの台数なんだそうです。しかもヒマラヤ岩塩がストーブを囲むスタイル! こんなの品川の新生湯でしか見たことない。


ねとらぼ


いきなり要素が多い! えっと、まず、壁のれんがみたいなのがヒマラヤ岩塩?



湯どんぶり栄湯 銭湯 ストーブを囲むように置かれたヒマラヤ岩塩


えんや


そうですそうです。れんがみたいなのがヒマラヤ岩塩です。


ねとらぼ


岩塩、たまに置いてあるところありますね。あれはなんか効能とかあるんですか?


えんや


デトックス効果と、岩塩から出るミネラル・マイナスイオンによる健康促進が期待できるそうですよ。でも効能より、私はどちらかというと「サウナに本気!」という店主の気概を感じられるのがうれしいんですよ。



湯どんぶり栄湯 銭湯 玄関に展示されているヒマラヤ岩塩


えんや


それから一段一段が広いんですよ。並んで寝ても余るほど。そして3段構成!!


ねとらぼ


確かに写真で見るとめっちゃ広い。温度や湿度はどうですか?


えんや


男女ともに90度で湿度はそこそこですが、女湯の最上段は天井が近くて耳が痛くなるレベルの熱さです。さらにストーブの前に立つと汗がダラダラ出ますよ。



湯どんぶり栄湯 銭湯 こちらは男湯サウナ


えんや


男湯も壁がタイルなので、ガスストーブだけど輻射熱が良いそうです。窓からはスカイツリーも見えるので、ぜひ探してみてください。



湯どんぶり栄湯 銭湯 女湯サウナの窓からはテレビが見える


えんや


それから、女湯のサウナ室内にはテレビがついていないんですが、代わりに大きな窓があってそこから脱衣所のテレビが見られます。


ねとらぼ


うまく使いまわしてますね(笑)。


えんや


この窓、脱衣所からサウナの混雑状況も見えていいんですよ!


ねとらぼ


確かに、入ってから満員だとショボンってなりますしね。



サウナ後もバッチリ。軟水利用のレインシャワーと水風呂


えんや


あと、ここはサウナの後もいい。サウナの横にレインシャワーがあるんです。湯どんぶりはシャワーも軟水だからすっごい気持ちいい。



湯どんぶり栄湯 銭湯 女湯シャワー。実際は奥の扉は閉じています


湯どんぶり栄湯 銭湯 男湯シャワー


ねとらぼ


軟水シャワーは気持ちよさそう! 水風呂はどうですか。


えんや


ここの水風呂は滝のように水がちょっと上から流れてくるタイプで、ジャボジャボ言う音が雑念を払ってくれて最高です。



湯どんぶり栄湯 銭湯 女湯水風呂。19〜20度設定でバイブラ(※)入り
※バイブラ:床から気泡を発生させる仕組みのこと


ねとらぼ


常時水が流れてる感じなんですね。水に流れがあると、温度計よりひとまわり冷たく感じるんですよね。


えんや


そうなんです。体感的には18度ぐらいですね!



お風呂につぼ湯ってどういうこと? 開放的な露天風呂!


えんや


湯どんぶりは露天風呂もあって、外気浴ができます。この露天、すごくないですか?



湯どんぶり栄湯 銭湯 女湯露天風呂


ねとらぼ


広っ! 開放感がすごい。



湯どんぶり栄湯 銭湯 大きめのベンチが最高


えんや


外気浴用のベンチがまたいいんですよ……。人がいなければ足を伸ばせるし、ベンチはサウナ後にぴったりの整い椅子だと思っています。


ねとらぼ


ここ、上は普通に空なんですか?


えんや


空です! 開けていて開放感が最高です。



湯どんぶり栄湯 銭湯 男湯露天風呂


ねとらぼ


都内でこれだけ開放的な露天風呂はすごいですね。あとさっきからチラチラ見えてるつぼ湯が気になってます。


えんや


これは通称“どんぶり湯”ですね。露天風呂の中にさらにつぼ湯があって、入るとお湯が露天風呂に落ちてザッバァアアって音がするんです。この音が聞きたくて導入したそうで、確かに爽快感がすごかったです。今まで入ってきたつぼ湯の中で一番気持ちいいと思う。


ねとらぼ


つぼ湯に入った時のザバァーってけっこう罪悪感があるんですよね(笑)。これなら気にせず思いっきり入れそう。


えんや


それから露天風呂は、ナノファインバブルという微粒子レベルの泡が集まったお風呂になっています。スイッチを入れてから1分ほどで真っ白になって面白かったですよ。毛穴の奥の汚れまで落とせるそうです。



湯どんぶり栄湯 銭湯 スイッチを入れるとすぐに泡が吹き上がり……


湯どんぶり栄湯 銭湯 あっという間にこの白さに!


ねとらぼ


入浴剤とか入ってないのに、泡だけでこんなに真っ白になるんですね。



広々とした女湯サウナへの主人の思い


えんや


ちなみに露天風呂は今年(2017年)のリニューアルで増築した部分なんです。裏手にあった、駐車場だった土地を買い取って増築したそうです。


ねとらぼ


普段から通ってた常連さんはうれしかったでしょうね。サウナの岩塩といい、つぼ湯のザバーといい、店主の気配りがいろんなところに表れてるなあ。


えんや


ほんっっっっとうにそう思います。それから実はここ、女湯の方がサウナが広いんですよ!!!



湯どんぶり栄湯 銭湯 湯どんぶり栄湯図解:サウナ


ねとらぼ


普通は男湯の方がサウナに力を入れているところが多いですよね。


えんや


女性客は新しい客を連れてきやすく、女性客が増えれば自然に男性客も増えるから――という考えで女性ゾーンに力を入れたと言っていました。女性は口コミを広めてくれるので、長い目で見るとそちらの方が良いと。


ねとらぼ


よく考えてる!


えんや


女性サウナーとしては本当にうれしくて……女性サウナって冷遇されがちなんですよ。男湯より温度が10度も下げられていたり、なぜか女湯だけミストサウナだったり、女湯のサウナだけ故障したまんまだったり……。そんな中、湯どんぶりさんは全く逆のやり方をしていて本当に感動したんです!


えんや


だから今一番女性サウナーにおすすめしたい銭湯として、今回はサウナについて暑苦しく語ったんですよ。


ねとらぼ


いきなりサウナの話から始まった理由が分かりました。



他にもまだまだ。湯どんぶりをオススメしたい理由


えんや


サウナの話ばかりしちゃいましたが、湯どんぶりは温泉成分のある井戸水を使っているので、お湯自体もものすごくいいんですよ。それからおすすめは白湯のミクロバイブラ。下から細かいバイブラが体全体を包む感覚がもう最高に気持ちいいんです……!



湯どんぶり栄湯 銭湯 男湯白湯+水風呂。角がミクロバイブラ


湯どんぶり栄湯 銭湯 湯どんぶり栄湯図解:浴室


えんや


それから2階ではマッサージもやってます。毎週金曜と第2、第4、第5日曜日にはアロママッサージもあるんですよ。



湯どんぶり栄湯 銭湯 2階施術室。奥にアロマの小瓶が置いてある


ねとらぼ


露天も広いし、マッサージもあって……スーパー銭湯並みじゃないですか。


えんや


これで銭湯価格(※)ですからね。しかも店主の細かい愛情もすごく感じる。1人でも多くの女性サウナーに行ってほしい銭湯です。

※東京都の銭湯は460円固定。いわゆる「スーパー銭湯」はこの縛りから外れるのでもっと高い

ねとらぼ


今めっちゃ行きたくなっています。


えんや


まだあまり知られていないのが不思議なくらい。これ読んだ人は今すぐ行った方がいいです!! 絶対!!!!




作者プロフィール

えんやほなみ

塩谷歩波 honami enya/イラストレーター

TwitterInstagram

1990年生まれ。東京都出身。小杉湯所属。

インテリアコーディネーターの母と描いた住宅パースから建築の道を志す。早稲田大学建築学科に入学、地方都市の研究を経て建物と人の営みについて興味を抱くようになる。2015年、住宅設計で著名な某設計事務所に就職するも、過労により身体を壊す。休職中、医師の勧めで始めた湯治から銭湯の魅力を知り、喋らずとも温かみを感じられる銭湯という場がいつしか心の支えに。設計事務所で目指していた「誰かの居場所になる建物」としての役割を、銭湯が既に担っていたことに衝撃を受け、「銭湯に恩返しがしたい」と始めた都内の銭湯図解がネットで話題となる。2017年小杉湯に転職、ポスターや店内のデザインを担当している。好きな水風呂の温度は15度。



Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう