レビュー
2005/01/31 16:49 更新

速攻レビュー:
任天堂GBA SP/DSをAVプレーヤーに――「プレイやん」を使ってみた (2/5)


前のページ | 1 2 3 4 5 | 次のページ

photo

「プレイやん」をゲームボーイアドバンスSPへ装着した状態。本体から少しはみ出るが、ほとんど気にならないレベル

photo

ニンテンドーDSへ装着した状態。映像や音楽の処理は「プレイやん」内部で行うので、再生品質に関しては特に差はないが、搭載している液晶やスピーカーの差により、ニンテンドーDSのほうがよりよい品質での鑑賞が可能

 標準パッケージにはビデオ圧縮ツールは付属していないが、SD-VIDEO規格準拠の動画ファイルが再生できるので、パナソニックのDVDレコーダー「DIGA」にラインアップされたSD録画対応機種(DMR-E500H/E200H/E100H。ただし、DMR-E500HのExtraFineモードには対応しない)や、シャープのAQUOS、パナソニックのVIERAといったSD録画対応テレビを所有しているなら、そのまま再生が可能だ。

 あるいはパソコンのビデオ編集ソフトなどを使って、対応形式に圧縮してもいい。MP3ファイルも同様だが、特別なデータ変換などはいっさい介在しないので、作成したASFやMP3ファイルをそのままSDカードへコピーすればいいだけだ。

 ただ、それだけでは不親切なので、「プレイやん」にはパナソニック製ビデオ変換ツール「MediaStage Ver.4.2 for Nintendo」がバンドルされたセットも用意。任天堂オンライン販売での価格は、プレイやん単品版が5000円(税込み)、ツール付属版は6000円(税込み)となっている。

 今回はこのビデオ変換ツール「MediaStage Ver.4.2 for Nintendo」でエンコードを行い、その動画を再生してみた。

 これは従来からあるパナソニックの映像/音楽管理ソフト「MediaStage」にプレイやん変換機能を追加したもので、操作はシンプル。メディア設定で作業ディレクトリを指定しておけば、ファイル一覧(サムネイル表示/サムネイルと詳細表示/詳細表示)に目的のビデオファイルが出てくるだろう。基本的には、対象をクリックして選択し、画面右に並ぶアイコンのうちの「コンバート」をクリックして実行すればいい。

 すると、「フォーマット変換」のダイアログが表示され、画質、音声が設定できる。画質を変更すれば、それに応じて、ビデオビットレートが表示されるほか、変換後の予想ファイルサイズも自動的に計算してくれる。

前のページ | 1 2 3 4 5 | 次のページ

[浅井研二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.