会社のストレスをボンバーマンで爆破せよモバイルコンテンツ・プチレビュー

「爆発」が爽快なゲーム「ボンバーマン」が携帯アプリで登場。なんと4人同時アクセスのネット対戦も可能になっているが、どれほど遊べるだろうか?

» 2005年02月24日 17時58分 公開
[小松しおる(StoryWorks),ITmedia]

 友達何人かで集まって遊ぶゲームといえば、「ぷよぷよ」だったり、「桃太郎電鉄」だったりするが、この手のゲームはその後の人間関係に微妙に影を落とすことが難点だったりする。

 学生時代、キングボンビーのなすり付け合いで、セーラー服を振り乱しながら取っ組み合いのケンカをしたことが懐かしい。

 だが不思議なことに、「ボンバーマン」というゲームでは一度もそんなトラブルに発展したことはない。これはひとえに、力(火力)を持った人間だけが強いわけでなく、頭の使い方と運次第で挽回できるゲーム性、それに何より「爆発」の爽快さがそうさせるのだろう。あの爽快さは、スポーツ後のすがすがしさにも通ずるところがある。

 はたしてau版「対戦ボンバーマン」にも、その爆発的爽快さはあるのだろうか?

Photo (C)HUDSON SOFT
コンテンツ名 対戦☆ボンバーマン
料金月額 月額315円
対応機種 EZアプリ(BREW)対応WIN端末
アクセス 「EZトップメニュー」-「遊ぶ・楽しむ」-「ゲーム」-「対戦ボンバーマン」

 ボンバーマンは、1985年12月のクリスマスに発売されたゲーム。ブロックに囲まれたスペースをボム(爆弾)で破壊し、対戦相手を次々に倒していく内容で、シリーズとして60以上のタイトルが発売されている(Best版含む)人気シリーズだ。

 BREW版では勝ち抜くとポイントが与えられ、自分の順位が表示される。ゲームの腕前と一緒に、ランキングが上がっていくのは、アプリを開くたびのちょっとした楽しみだ。

知らない誰かと同時プレイできる

 このアプリの何がすごいかというと、見知らぬユーザーとネットワーク対戦できるところ。「リバーシ」や「将棋」といったゲームではネット対戦できるアプリもあったが、ボンバーマンという即時性を必要とされるゲームが、通信で遊べるのは大したもの。

 4人対戦と、多人数参加型であるにもかかわらずディレイ(遅延)も少ないし、ボンバーマンたちの動きもスムーズだ(ところで、気がつくと相手がテレポートしていることがあるのは、オンライン対戦のせいか? 何かアイテムがあるのだろうか……)。

 そして残念なのが、友人同士の対戦ができないところだ。

 対戦☆ボンバーマンでは、アプリを起動するとロビーサーバに登録され、ネット上のユーザーを自動検索する。つまり、こちらに参加メンバーの選択権はない。運営側には手間かもしれないが、各ユーザーにIDなどを発行して、それを記入すれば対戦相手を選べるようにしてもらえないだろうか。

PHoto  

両手で包み込むように遊びたい

 早速遊んでみたところ、これがまた操作しづらい。十字キーの真ん中にボムを置くスイッチがあるのはどうかと思う。

 最近の薄型ケータイだと、移動しようとして間違えてボムを置き、自滅してしまうこともあり得る。十分な注意が必要だ。

 片手で操作していると、ボムを置く間と移動する間に微妙にロスが出る。ボンバーマンというのは非常にシビアなゲームである。その一瞬が命取りになりかねない。

 携帯アプリは片手で操作すべきという見方もあるが、ボンバーマンに関しては別だ。負けたくなかったら、「右手十字キーで方向を操作し、左手数字キーでボム置く」などと両手で操作分担するのがいいだろう。

機能追加した「上級者版」も期待

 今回試した限り、アプリの容量制限のためか「無敵」「当たると曲がる」という機能はない。ボンバーマンの相棒である犬のようなキャラクター「ルーイ」も残念ながら出てこない。個人的には、グレイボン博士がいたら嬉しいのだが、あれは外伝に出てくるキャラなので絶対無理だろうな……。

 もうひとつ、早い者勝ちで好きな色のボンバーマンを選べたらいいのにと思う。ジンクスというか、どうしても気の合わない色のボンバーマンはいるものだ。今後、これらの部分をパワーアップした「上級者版」のリリースを期待したい。

 最後に、ネット対戦で勝利するコツを少し。基本的には「待ち」が有利。適当にパワーアップしながら、周りの自滅を待つのがよくいわれる勝利法だ。変な話だが、よっぽど上手い人に当たらない限り、逃げ回っていれば勝てる。だが、この作戦は周りも自分もつまらないので、やはりボンバーマンは自滅しようが何しようが、ガンガンにボムをセットし合うのが一番だろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」