速報
» 2005年02月28日 16時07分 公開

NDSとPSP、人気はPSPがややリード?

C-NEWSによると、NDSとPSPを実際に購入している人の割合はいずれも1割未満だった。今後の購入意向に関しては、PSPの方がわずかに人気が高いようだ。しかし、携帯ゲーム機市場の真の伏兵は、携帯電話なのかもしれない。

[ITmedia]

 インフォプラントが運営するインターネットリサーチサイト「C-NEWS」は2月28日、携帯ゲーム機に関するアンケート調査の結果を発表した。

 調査では特に、任天堂の「ニンテンドーDS」(NDS)と、ソニー・コンピュータエンタテインメントの「プレイステーション・ポータブル」(PSP)を取り上げ、その所有/利用状況や今後の意向についてたずねた。調査対象は、10〜39歳のインターネットユーザー1000人。

 NDSとPSPの購入状況をたずねたところ、いずれの機種についても「購入した」と回答したのは各6%だった。

 購入理由は、PSPの場合、「携帯ゲーム機でムービーが見たい」「画面がとてもきれいだから」など。一方、NDSは、「タッチパネルと二画面が魅力だったから」「任天堂は“はずれ”がないから」「旧タイプのソフトも使えるから」などが挙げられた。

 購入者に「専用ゲームソフトの購入時期」をたずねると、NDS、PSP共に、8割半ば〜9割が「ゲーム機本体の購入と同時」と回答。専用ソフトの購入総数は、PSPの場合、「2本」が4割半ばでもっとも多いが、ニンテンドーDSの場合は「1本」が4割半ばで多かった。

 NDSとPSPを購入していない人を対象に購入意向をたずねたところ、条件付きも含めて購入意向があるのは、NDSで2割、PSPで3割強。いずれのゲーム機も、若年層ほど購入意欲は高いという。

 一方、「買いたくない」と購入意向のない人は、NDSについては5割強、PSPで3割半ばいた。理由としては、NDSが「PSPのほうがいい」「欲しいソフトがない」「子どもっぽい」など、PSPに対しては「不具合がある」「PS2で十分」などが挙げられた。

 このほか、携帯デバイスとして「携帯電話」「PHS」「PDA」を取り上げ、所有率を調べたところ、9割強が携帯電話上を所有していた。また、携帯電話所有者の6割強が携帯電話の「ゲーム機能を利用している」と回答している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた