レビュー
» 2005年04月08日 20時46分 公開

“神さま”になったITmedia (1/2)

神だ、魔法だ、いかずちだっ! 3月15日〜3月28日の間で行われた、ゲームキューブ用RPG「ホームランド」のβテストに、ITmedia Gamesも「神さまプレイ」で参加してみたのでした。

[作倉瑞歩,ITmedia]

 ゲームキューブのRPG「ホームランド」については、これまで4回にわたって紹介してきたので、ITmedia Gamesの読者ならば概要はご存じだろう。全部読み切っていない、という方は、この記事の最後にある「関連記事」項目を参照していただきたいが、このタイトルは、久々に筆者の心の中へクリーンヒットを放ったゲームである。

 3等身のキャラクターのかわいさに惹かれたのはもちろんだが、おもしろいはそのゲームシステム。クエスターたちが手をつないでいくと、その“手つなぎ”したクエスターの能力が先頭のキャラクターに集まり、より強くなっていくのだ。

画像 登場するキャラクターたち

 また、ホームランドはネットワークプレイに対応しているが、いわゆる“ネトゲ”とはちょっと違う。よくあるのは、会社側で運営しているサーバにログインし、友達とクエストを楽しんだり、レベルを上げていったりというパターンだが、ホームランドの場合は、ユーザーの持っているゲームキューブに作られた“ホームランド”にログインして楽しむのが基本。しかもホームランド内で物語をクリアするとリスタートがかかり、それまでの経験値もレベルも最初の状態に戻る。みんなイチからやり直し、になるのだ。

 ただしこの場合、同じ物語が繰り返されるわけではなく、どんなナゾや事件を解決したかに応じて物語が変化していくので、似たようなストーリーのように思える展開でも“ちょっと違うお話”になっている。このあたりはさすが、「不思議のダンジョン」シリーズを作ったチュンソフトだな、と思う。

 また、クリアした時には「ビッグ神さま」から「クリアポイント」が与えられ、クエスターの種類を増やしたり、アクセサリを購入することができるようになるほか、クリアポイントに応じてアイテムもプレゼントされる。このため、何度遊んでも楽しいゲームなのだ。

 ところで、チュンソフトのホームページで受け付けている、ホームランドの先行予約で購入したユーザー2000名に、βテスト用の「テストディスク」が配布され、3月15日〜3月28日の間にβテストが行われた(もちろん現在は配布を終了している)。

 筆者も編集部経由でテストディスクをゲットできたので、「ここはひとつ、自分のホームランドを作って神さまプレイだ!」と、“優しい神さま”を目指して神さまになってみたのだった。

やっぱり神のいかずち、でしょ

 2回目の紹介でも述べたように、スタンドアロン環境で初めての冒険を終わらせてからでないと、神さまにはなれない。テストディスクでは40分程度のプレイで初めての冒険が終わったので、さっそく神さまに。名前や地域を登録してマッチングサーバに接続すると、自分の“ホームランド”が表示される仕組みだ。ちなみにホームランド名は「あいてぃめでぃあ」だ。

画像 「ネットで冒険」を選んでマッチングサーバに接続すると、こんな感じでリストが表示される

 始めの段階では、神さまにできることは少ない。クエスターたちが魔物を倒すか、ホームランドでのお金「ポル」を奉納してくれないと、「神さまパウ」(POW)が貯まらないので、「かみわざ」を発動できないのだ。

画像 上に表示されているのが神さまパウ。最初はもちろん「0」から

 「あいてぃめでぃあ」ホームランドには、1回の冒険で2〜6人くらいのクエスターが集まってくれた。6人もいると、少しクエストが進めば、かなりのPOWが貯まるので、神ワザは意外と簡単に使えるようになる。

 神ワザで楽しいのはやはり「いかずち」。魔物だけでなくクエスターにも落とすことができるが、やっぱりここは“クエスターを助ける”を第一に、魔物退治に専念した。

画像 神の怒りを思い知れ!って何かが違う……?
画像 冒険の最後にはなんと「100000 POW」に。これなら神ワザを使いまくれそうだ

 ほかにも、クエスターを助けるための「いやしのつづら」を降らせることもできるのだが、神ワザを使うときにはクエスターとのコミュニケーションが大事。クエスターが回復アイテムをいっぱい持っているのに、回復系のつづらを与えてもPOWの無駄遣いだし、いかずちにしても、クエスターのレベルがそれなりに高く、魔物が弱い場合には必要ないだろう。

画像 冒険はひとまず終了。ビッグ神さまからクリアポイントをもらった
画像 もらったクリアポイントで神ワザを増やせる

ケータイのような文字入力方法

(C)2005 CHUNSOFT
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2009/29/news094.jpg 「結末が載っていないなんて初めて」 「半沢直樹」賀来賢人&西田尚美&児嶋一哉ら出演者もラストを知らされず
  3. /nl/articles/2009/28/news039.jpg 「早く宿題終わったなら余った時間勉強しなさい」 会社でも見掛ける“やる気を無くすシステム”描いた4コマがあるある
  4. /nl/articles/2009/28/news089.jpg 「笠原さん」「笠松だよ!」 アンジャ児嶋、「半沢直樹」堺雅人と2人きりのシーンで“直樹”に名前をイジられる
  5. /nl/articles/2009/21/news034.jpg 「人が買ったカレーを盗むな!」嫁姑の“カレールー事件” 妻に出ていかれた相談者は挽回できるのか「テレフォン人生相談」先週のハイライト
  6. /nl/articles/2009/28/news056.jpg 母親「いいことあったから家に来なさい」 実家のかわいい子猫、1年後にめちゃくちゃでかくなるビフォーアフター!
  7. /nl/articles/2009/29/news052.jpg 「原神」公式、PC版の“スパイウェア疑惑”についてコメント ゲーム終了後も起動していたのは「不正パッチを防ぐため」
  8. /nl/articles/2009/29/news018.jpg ソシャゲのガチャ、物欲センサーで外れを引いたと思ったら…… 思わぬところでレアを引いた漫画にときめく
  9. /nl/articles/2009/28/news085.jpg 虚構新聞が謝罪 運動会のリレーで感染症に“2メートルのロングバトン使用”が事実に、長さまで一致
  10. /nl/articles/2008/31/news101.jpg 「ホラー感がすごい」 「半沢直樹」白井大臣、銀行の一致団結に屈す 崩れ落ちた“片目開眼”で視聴者を圧倒