“神さま”になったITmedia(1/2 ページ)

神だ、魔法だ、いかずちだっ! 3月15日〜3月28日の間で行われた、ゲームキューブ用RPG「ホームランド」のβテストに、ITmedia Gamesも「神さまプレイ」で参加してみたのでした。

» 2005年04月08日 20時46分 公開
[作倉瑞歩,ITmedia]

 ゲームキューブのRPG「ホームランド」については、これまで4回にわたって紹介してきたので、ITmedia Gamesの読者ならば概要はご存じだろう。全部読み切っていない、という方は、この記事の最後にある「関連記事」項目を参照していただきたいが、このタイトルは、久々に筆者の心の中へクリーンヒットを放ったゲームである。

 3等身のキャラクターのかわいさに惹かれたのはもちろんだが、おもしろいはそのゲームシステム。クエスターたちが手をつないでいくと、その“手つなぎ”したクエスターの能力が先頭のキャラクターに集まり、より強くなっていくのだ。

画像 登場するキャラクターたち

 また、ホームランドはネットワークプレイに対応しているが、いわゆる“ネトゲ”とはちょっと違う。よくあるのは、会社側で運営しているサーバにログインし、友達とクエストを楽しんだり、レベルを上げていったりというパターンだが、ホームランドの場合は、ユーザーの持っているゲームキューブに作られた“ホームランド”にログインして楽しむのが基本。しかもホームランド内で物語をクリアするとリスタートがかかり、それまでの経験値もレベルも最初の状態に戻る。みんなイチからやり直し、になるのだ。

 ただしこの場合、同じ物語が繰り返されるわけではなく、どんなナゾや事件を解決したかに応じて物語が変化していくので、似たようなストーリーのように思える展開でも“ちょっと違うお話”になっている。このあたりはさすが、「不思議のダンジョン」シリーズを作ったチュンソフトだな、と思う。

 また、クリアした時には「ビッグ神さま」から「クリアポイント」が与えられ、クエスターの種類を増やしたり、アクセサリを購入することができるようになるほか、クリアポイントに応じてアイテムもプレゼントされる。このため、何度遊んでも楽しいゲームなのだ。

 ところで、チュンソフトのホームページで受け付けている、ホームランドの先行予約で購入したユーザー2000名に、βテスト用の「テストディスク」が配布され、3月15日〜3月28日の間にβテストが行われた(もちろん現在は配布を終了している)。

 筆者も編集部経由でテストディスクをゲットできたので、「ここはひとつ、自分のホームランドを作って神さまプレイだ!」と、“優しい神さま”を目指して神さまになってみたのだった。

やっぱり神のいかずち、でしょ

 2回目の紹介でも述べたように、スタンドアロン環境で初めての冒険を終わらせてからでないと、神さまにはなれない。テストディスクでは40分程度のプレイで初めての冒険が終わったので、さっそく神さまに。名前や地域を登録してマッチングサーバに接続すると、自分の“ホームランド”が表示される仕組みだ。ちなみにホームランド名は「あいてぃめでぃあ」だ。

画像 「ネットで冒険」を選んでマッチングサーバに接続すると、こんな感じでリストが表示される

 始めの段階では、神さまにできることは少ない。クエスターたちが魔物を倒すか、ホームランドでのお金「ポル」を奉納してくれないと、「神さまパウ」(POW)が貯まらないので、「かみわざ」を発動できないのだ。

画像 上に表示されているのが神さまパウ。最初はもちろん「0」から

 「あいてぃめでぃあ」ホームランドには、1回の冒険で2〜6人くらいのクエスターが集まってくれた。6人もいると、少しクエストが進めば、かなりのPOWが貯まるので、神ワザは意外と簡単に使えるようになる。

 神ワザで楽しいのはやはり「いかずち」。魔物だけでなくクエスターにも落とすことができるが、やっぱりここは“クエスターを助ける”を第一に、魔物退治に専念した。

画像 神の怒りを思い知れ!って何かが違う……?
画像 冒険の最後にはなんと「100000 POW」に。これなら神ワザを使いまくれそうだ

 ほかにも、クエスターを助けるための「いやしのつづら」を降らせることもできるのだが、神ワザを使うときにはクエスターとのコミュニケーションが大事。クエスターが回復アイテムをいっぱい持っているのに、回復系のつづらを与えてもPOWの無駄遣いだし、いかずちにしても、クエスターのレベルがそれなりに高く、魔物が弱い場合には必要ないだろう。

画像 冒険はひとまず終了。ビッグ神さまからクリアポイントをもらった
画像 もらったクリアポイントで神ワザを増やせる

ケータイのような文字入力方法

(C)2005 CHUNSOFT
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/16/news107.jpg 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  2. /nl/articles/2407/16/news021.jpg 17歳姉が今か今かと待つのは…… 3歳双子姉妹の愛あふれるお迎え風景に「なんとも愛おしい」「天使な三人」
  3. /nl/articles/2407/16/news097.jpg 「先生が間違ってる?」 マクドナルドが公開した“難問”にツッコミ殺到 「こりゃ答え困るやつーwww」「出題ミス」
  4. /nl/articles/2407/15/news051.jpg 「こんなことになるとは」 鋼製の包丁を食洗機で洗ってしまった結果…… “衝撃の変化”に仰天「1度でこれほど」
  5. /nl/articles/2407/17/news013.jpg 5児ママ、子どもと友達12人分のごはんを作ることに…… 驚がくのボリュームと手際の良さに「絶対真似できない」「尊敬しかない」
  6. /nl/articles/2407/13/news082.jpg 「これはオカルト」 10年使ったエアコンがなぜか調子回復 →“家電あるある”な現象に13万いいね 「もういい、お前は頑張った」
  7. /nl/articles/2012/05/news034.jpg 重病説が流れた佐藤浩市、“激やせ”の理由明かす 石田ゆり子も「聞いちゃいけないような気もして……」
  8. /nl/articles/2407/14/news007.jpg 【今日の計算】「56÷8−7」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/12/news181.jpg どういう状況……!? 兵庫の市役所が5万円で出品した“まさかの商品”が二度見必至 お得な“おまけ”もついてくる
  10. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  7. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  8. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  9. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
  10. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」