ニュース
» 2005年04月28日 00時00分 公開

ただの移植では終わらない「イースIV Mask of the Sun ‐a new theory‐」

シリーズ4作目、「イースIV Mask of the Sun」のプレイステーション2版としてリリースされる本作。だが、ただの移植ではなく、ステージの3Dポリゴン化を始め、新システムも採用されている。

[ITmedia]

 タイトーは、同社が2005年5月26日に発売を予定しているプレイステーション2用アクションRPG「イースIV Mask of the Sun ‐a new theory‐」のシステムやキャラクターを公開した。

photo

 「イース」シリーズは主人公アドル・クリスティンの冒険を描いたPC用RPGとして、1作1987年に1作目が登場。壮大な世界観と個性的なキャラクター、そして何より感動的なシナリオが幅広いファンの心をとらえ、シリーズとしては現在6作目を記録しているタイトルだ。

 本作は、シリーズ4作目となる「イースIV Mask of the Sun」のプレイステーション2版。ステージは3Dポリゴンで再構成されており、これに伴い、フィールドにはさまざまなパズル的な仕掛けが用意されている。また、システムではストーリーの進行で入手できる「聖剣」を使っての新システムの導入や、シナリオの完全リニューアルも行われているとのことだ。

――今から800年前、「イース」と呼ばれる国があった。イースは2人の美しい女神と、6人の神官による統治のもと繁栄を極めていた。だがある時、人々が銀を発掘したことをきっかけに「魔」が出現し、災いを避けるため、イースは天空へと逃れた。

 時は流れ、国は「エステリア」とその名を変えていた。この地に降り立った冒険者アドルは、天空のイースと、それを追うようにそびえる塔の謎を解くため旅立つ。長い戦いの果てに、アドルは各地に散っていた6冊のイースの書を集める。そこには女神と神官たちの戦いの経緯が克明に記されていた。さらに、6冊の書をそろえた者がイースを平和に導くとも…。

 女神と神官の子孫に力を借りたアドルは、魔を統べる者「ダーム」を討ち、この地に平和の福音をもたらしたのであった。エステリアの冒険からしばらく時が経ち、医者のフレアとともにプロマロックの街を訪れたアドルは、驚くべき情報と謎を耳にする。そして、数々の謎を解き明かす、新たな冒険が今幕を開けた!――

新システム「エレメント」とは何か?

 アドルが聖剣を入手することで召喚を行うことができる、それが新システム「エレメント」だ。入手した聖剣によってエレメントは異なり、それぞれが別の効果を持っている。

photo エレメント召喚時はこのような感じ
photo 生み出したのは水のエレメントか?それぞれが別の効果を持っているので、状況により使い分けていくことが重要だ

 また、攻撃には小・中・大攻撃の3種類があり、エレメントごとに敵もしくは自分に与える効果に違いがあるとのことだ。以下にそれぞれの攻撃方法での効果を記載したので、ぜひ参考にしてもらいたい。なお、エレメントを使うためには、聖剣入手後に鍛冶屋で鍛えなおす必要がある。

小攻撃(□ボタン)の場合

エレメントの種類 効果
光のエレメント ヒットポイントが回復
炎のエレメント 攻撃力がアップ
氷のエレメント 移動速度がアップ
雷のエレメント 周囲の敵にダメージ
地のエレメント 防御力がアップ
刻のエレメント 敵の行動速度がダウン

中攻撃(×ボタン)の場合

photo

 属性ごとのエレメントが攻撃した方向へ飛んで行き、敵に当たるとダメージを与える。また、離れた場所からエレメントを当てて、ステージ中の仕掛けを解くことも可能。

大攻撃(○ボタン)の場合

photo 氷を溶かす炎のエレメント
photo この黒い石版があるところでワープエリアに飛べる刻のエレメント
エレメントの種類 効果
光のエレメント 壊れたものを修復できる
炎のエレメント 物を燃やしたり溶かしたりする事ができる
氷のエレメント 炎の岩を壊す事ができる
雷のエレメント レーザー発射台からレーザーを撃つ事ができる
地のエレメント スイッチなどに乗せると、重しになる
刻のエレメント ステージ上にある黒い石版からワープエリアに飛べる

 光のエレメント(小攻撃)で回復する以外にも、アドルは移動せずに立ち止まることで、ヒットポイントが少しずつ回復する。とは言え、ダンジョン内などでは回復しない場所もあるとのことなので、安全に進みたいのであれば、素直に召喚魔法や薬草などのアイテムで回復することをお勧めする。

登場キャラクターを一挙公開

アドル・クリスティン

photo 主人公。赤い髪と黒い瞳を持つ、若き冒険家。エウロペ地方の名も無き小村に生まれ、16歳の時から冒険を始める。勇気と正義感と好奇心を原動力として、冒険の旅を続けている。

ドギ

photo アドルの親友である、エステリアの元盗賊。ダームの塔でアドルを助けて以来、たびたびアドルの危機を救う。

カーナ

photo 風の村・コモドの長老の孫娘。行方不明になった弟を探している。

リーザ

photo 高原の村ハイランドで、代々有翼人の祠を守る家系に生まれた少女。

フレア

photo イースにあるランス村の医者。セルセタの花の原種を探して、アドルとともにプロマロックへと旅立った。

エルディール

photo セルセタの伝承で知られる有翼人。セルセタには彼を神と崇める白き伝承と、悪魔と恐れる黒き伝承という正反対の2つの伝承がある。

グルーダ

photo ブラストに仕える、闇の一族の魔道師。バミーとガディスを率いて、セルセタの樹海を調査している。

バミー

photo グルーダに想いをよせる、闇の一族の魔道師。自分の目的を達成するためなら手段を選ばない。

ガディス

photo 闇の一族の魔道師。グルーダやバミーを兄姉のように慕っている。

ブラスト

photo ロムン皇帝の命により、セルセタ地方に派遣された将軍。
イースIV Mask of the Sun ‐a new theory‐
対応機種PlayStation 2
メーカータイトー
ジャンルアクションRPG
発売日2005年5月26日予定
価格6090円(税込)
(C)TAITO CORP.2004
(C)1993,2004 Nihon Falcom Corporation
本製品は現在開発中のものです。製品版では、改善のため仕様等を変更する場合がございます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10