きっかけは「一年戦争」──ナムコ・バンダイの進化論

「変化に対応できないと生き残れない」──ナムコ創業者の中村会長はダーウィンを引きながら力説した。統合のきっかけはゲーム「ガンダム一年戦争」だったという。

» 2005年05月02日 20時40分 公開
[小林伸也,ITmedia]

 ナムコとバンダイが9月に経営統合すると発表した5月2日、両社トップが都内で会見し、「ナムコの開発力、バンダイのキャラクター事業ノウハウを組み合わせることで相乗効果を上げ、既存事業の拡大と新規事業の創出を図っていく」などと統合のねらいを語った(関連記事参照)

経営統合会見に出席したナムコ、バンダイのトップ。左からナムコ・石村繁一社長、ナムコ・高木九四郎副会長、ナムコ・中村雅哉会長、バンダイ・高須武男社長、6月にバンダイ社長に昇格する予定の上野和典常務・チーフガンダムオフィサー(CGO)

ゲーム開発協力が経営統合に発展

 「ナムコのゲーム開発力とアミューズメント店舗網、バンダイのキャラクターマーチャンダイジングノウハウを融合し、シナジー効果を上げる」──バンダイの高須武男社長は、経営統合の目的についてこう説明した。

 高須社長によると、統合を一言で言えば「キャラクターとテクノロジーのロケーション(アミューズメント施設など)の統合」ということになる。例えばナムコのゲームキャラクターをバンダイが商品化したり、「バンダイのキャラクターが『ナムコナンジャタウン』で踊ったり」(高須社長)といった構想を描く。

 4月に発売したプレイステーション2用ゲームソフト「機動戦士ガンダム 一年戦争」が、統合の具体的なイメージを分かりやすく示した形だ。「鉄拳」や「エースコンバット」の技術を「ガンダム」に活かせないか。同ソフトは、ナムコからの働きかけに応じて誕生した“統合第1弾”の成果となった。

 経営統合のきっかけも「一年戦争」だったという。高須社長によると「昨年12月ころ、ゲームだけでなく本格的な業務提携ができないかと、ナムコの中村雅哉会長に話したのがきっかけ」。両社ともセガとの統合が破談になった過去があるが、「エンターテイメントを通じ夢や感動を提供するという両社の企業使命が共通していた。今回は現場の担当者レベルでも『ぜひ実現させよう』ということになった」と両社の意気投合を強調した。

重複の少ない事業分野

 統合の背景にあるのは、ゲーム・玩具業界の事業環境の激変だ。

 少子化で国内市場は先細りが見えている上、次世代ゲーム機の登場でゲーム開発コストが増大するなど、相次ぐ新技術への対応も急務。世界レベルの競争も激しさを増している。「このまま成長が続けられるのか、という漠然とした不安」(高須社長)を抱える中、「両社の強みを融合し、新商品・サービスを創出することで顧客層を拡大できる上、コンテンツのマルチユースも進められる」(ナムコの高木九四郎副会長)という読みだ。

 両社の事業分野は重複が少ない上、バンダイは欧州・アジア、ナムコは北米と、世界市場の基盤でも補完できる点も決め手になった。各分野の競合企業は「トイホビーならHasbro、Mattel、コンテンツはDisney、ロケーションはセガかもしれない」(同)が、「補完性の高い事業ポートフォリオは世界にも類を見ない」(同)と胸を張る。

両社の各事業は重複が少ない

変化への対応こそが生き残りのカギ

 「強い生物や賢い生物ではなく。変化に対応できる生物が生き残る」──ナムコ創業者の中村雅哉会長は、ダーウィンの「進化論」からという一節を引用し、統合のねらいを説明した。

 だが生き残るだけでなく、企業としてさらに成長を目指すなら「変化を予見し、対応していけるかどうかが絶対の条件」とも指摘。その上で「変化を予見する中で、企業としてどうあるべきかを考えて統合を決断した」と語った。

 互いの強みを取り込んで融合し、環境の激変もチャンスに変えていける強い企業──ナムコとバンダイが目指す進化だ。

ナムコの中村会長、高木副会長は「変化に対応するもののみが生き残る」と強調した

中期的にはグループ内を再編へ

 経営統合は当面、共同持株会社「バンダイナムコホールディングス」の下に事業会社としてバンダイ、ナムコが置かれる形となる。バンプレストやバンダイビジュアルなどの子会社は、事業会社が中間持株会社的な位置付けとなり、従来通り傘下とする。

 ただ、経営統合による相乗効果とコスト削減効果を効かせるためにも、重複部門・間接部門の統合と事業再編は段階的に進めていく。中期的には「トイホビー」「コンテンツ」「アミューズメント」「ビジュアル」の各グループに再編する計画だが、具体的な時期などは今後詰めていく。

統合の中期目標として両事業会社の再編も計画

 2006年3月期の連結業績見込みは売上高で4600億円、経常利益で440億円。これを統合3年後に売上高5500億円、経常利益550億円とそれぞれ25%拡大させるのが目標だ。売上高はトイホビーで30%、コンテンツで20%、アミューズメントで20%程度を見込んでいる。

「経営統合の最大のミソはゲーム部門」

両社のキャラクターを持ち合う高木副会長(左)、中村会長(中央)、高須社長

 会見での一問一答は以下の通り。

──統合の経緯は。

高須社長 両社とも独立しても問題なくやっていける会社だが、このまま右肩上がりの成長は続けていけるのだろうかと漠然とした不安があった。バンダイとしても、キャラクター事業で培ったノウハウをもっと活用したいという希望も持っていた。

 昨年12月ころ、バンダイとナムコが協力した「ガンダム一年戦争」を作る過程で、ゲームだけではなく本格的な業務提携ができないか、とナムコの中村会長に話したのがきっかけ。経営と執行の分離について中村会長に決断してもらい、前に進んだ。

──統合の具体的なイメージは「一年戦争」のような形ということか。

高須社長 ゲーム部門が経営統合の最大のミソ。バンダイはゲーム開発を外部委託しているし、ナムコは自社開発部門を持っている。次世代機では開発コストも高くなるだろう。ゲーム部門がシナジーを最大化できる部門だ。

──中村会長は新会社にどう関わっていくのか。

中村会長 ナムコを創業して50年経ち、80歳になろうかという年で憎まれ役にはなりたくはないが(笑)、仕事への情熱は持っている。最高顧問として、側面から新会社と業界に貢献したい。

──持株会社で代表権を持つのは高須社長だけだ。実質的に高須体制ということか。

高須社長 指揮系統を一本化し、両社の一体感を高めるのが目的。統合は対等で、役員陣は両社半々だ。

──統合によるコスト削減効果はどれくらいか。人員リストラはあるのか。

高須社長 コスト削減効果はこれから考える。リストラはまったく考えていない。むしろ優秀な人材が必要になるだろう。

──株式移転比率はややバンダイに不利なようだが。

高須社長 市場評価やディスカウントキャッシュフロー法、類似会社比較法などを使って総合的に勘案して決めた。1:1.5は非常にフェアだと、ファイナンシャルアドバイザー(バンダイは大和証券SMBC、ナムコは野村証券)から評価してもらっている。

──バンダイがナムコ株式を取得した理由は。

高須社長 経営と執行の分離の一環だ。金庫株として持ち、消却の予定はない。

──事業会社のバンダイとナムコは上場を廃止するが、上場子会社は今後どうなるのか。

高須社長 非上場会社の子会社が上場しているというのは資本のねじれではある。どこかの段階で持株会社の直接の子会社にする可能性はあるが、当面はこのまま行く。

──(バンダイ創業家出身でセガとの合併破談の責任を取って辞任した)山科誠元社長は知っているのか。

高須社長 守秘義務契約を結んだ上で相談した。非常にすばらしいと喜んでいた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/20/news059.jpg 桁違いの価格に衝撃 伝説のおもちゃ「チャクラ宙返り」の発見報告に「なんで!?」「価格破壊レベル」の声
  2. /nl/articles/2405/22/news159.jpg 安藤サクラ、別人級の大変身で驚きの声集まる 「やはりお母様似では?」と母・安藤和津を思い出す声も
  3. /nl/articles/2405/22/news140.jpg ヒロミ、500万円以上&数年越しゲットの“世界戦略車”が「粋な感じ」 初ドライブに臨んだ妻・松本伊代も「この車夢だったの!」
  4. /nl/articles/2405/22/news029.jpg 9歳息子、野生のリスにカメラをかまえて2秒後…… 驚がくのショットに「スゲー!!」「感動しました」と称賛
  5. /nl/articles/2405/22/news119.jpg 「ブラック・ジャック」ピノコ役を演じる子役に納得の声 「この子しかいない」「オソマちゃんの子だ!」
  6. /nl/articles/2405/22/news105.jpg 義父から夫へ「小学生の時に作った作品を捨ててしまった、もう一度作って」と謎のLINE→妻は笑うも…… 本気だった理由に驚き
  7. /nl/articles/2405/21/news034.jpg 犬「で、オレが産まれたってわけ」 220万再生突破の爆笑ワンコに「ちっ、2回目の転生は犬かよ」「これでウインクとかされたら笑い死ぬww」
  8. /nl/articles/2405/22/news053.jpg 本当に同じサーバルなのか!? 昼と夜でまるで別個体、衝撃のギャップに「顔たまらんw」「え、同一サーバル……!? ってこんらんした」
  9. /nl/articles/2405/22/news122.jpg 声優・古谷徹さん、「ファンと不倫し妊娠中絶」報道受け謝罪 「キャラクターを汚してしまった」「残りの人生をかけて償う」
  10. /nl/articles/2405/22/news018.jpg シルバニアの家を“神リメイク”→かわいらしい雰囲気からガラリと大変身! 驚きのビフォーアフターに「わー!素敵!!」「す、すご……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評