ニュース
» 2005年05月19日 22時23分 公開

ピーター・ムーア氏「次世代のゲームは現実以上の世界を作り出す」E3 2005 Xbox Breafing(1/3 ページ)

Xbox Breafingで3人目のプレゼンターとして登場した、Microsoft副社長でマーケティング担当のピーター・ムーア氏は、Xbox 360向けの開発中タイトルを中心に紹介を行った。

[平澤寿康,ITmedia]

 「ゲーム開発の世界で最も想像力に優れた人が、自分の思い描いたビジョンをそのまま実現できるとしたら、いったいどういったことが起こるのだろう」ピーター・ムーア氏はそう前置きし、Xbox 360向けとして開発されているタイトルを紹介していった。

画像 Microsoftバイスプレジデント ピーター・ムーア氏。マーケティング担当ということもあり、Xbox 360向けのタイトル紹介が中心だった

 まず初めに紹介されたのが、坂口博信氏が総指揮をとり開発が進められている「ロストオデッセイ」だ。先日のMTVとのタイアップ番組放送に合わせて日本で開催されたイベント「次世代Xboxプレビュー」で披露されたものと同じムービーが流されたが、会場は圧倒的なグラフィックに対する驚嘆のため息と歓声に包まれた。

 ロストオデッセイはもとより、Xbox 360対応ゲームでは、720pでアスペクト比16:9の画像、つまり1280×720ドットのプログレッシブ画像が基本となる。まさにハイビジョン放送と同等(またはそれ以上)のクオリティでゲームが楽しめるわけである。

 また、アンチエイリアシング処理によるジャギーの低減も行われ、よりクオリティの高い映像を実現。サウンドはもちろん5.1チャンネルサラウンドサウンドが基本だ。5.1チャンネルサラウンドサウンドは現行のXboxでも実現されていたが、Xbox 360では基本的に全タイトルでの展開となる。

画像 坂口博信氏総指揮の「ロストオデッセイ」。圧倒的な存在感を示す映像に来場者の多くが真剣に見入っていた
画像 Xbox 360向けタイトルの標準スペック。720p、16:9の画像で、アンチエイリアシング処理が施され、5.1チャンネルサラウンドサウンドが標準となる

PGR3では全世界にまたがる壮大な規模のレース開催も可能!?

 続いて紹介されたのは、Xboxでも人気のレースゲーム最新作「Project Gotham Racing 3」(PGR3)だ。PGR3は、グラフィック面の進化はもちろんだが、マシンの挙動も実写をベースにさらに進化しているそうだ。

画像 Xbox 360向けタイトルとなる「Project Gotham Racing 3」。映像クオリティはもちろん、マシンの挙動も大幅にリアルになる

 そしてPGR3の目玉とも言える機能が、Xbox Live Goldレベルの会員に提供される「Spectator Mode(観戦モード)」というサービスを活用したものだ。

 このサービスを利用することによって、他人のレース状況を観戦できるのである。例えば、友人のプレイを観戦したり、ハイテクニックプレイヤーの走りを観戦してテクニックを盗む、といったことができるわけだ。

画像 Xbox Liveの「観戦モード」を活用し、他人の走りを観戦してテクニックを盗むといったことも可能となる

 それだけでなく、観戦モードを活用することで、もっと様々な事ができるようになるとピーター・ムーア氏は指摘した。

 例えば、大手自動車メーカーがスポンサーとなり、全世界で25万人のプレイヤーが$10の参加費を支払って、全30戦のレースに参加する。そして、勝ち残った16人のプレイヤーが最終戦を戦い、優勝者に$100万の賞金を支払う。その最終戦には、レースに参加した25万人のプレイヤーが観戦モードを利用して観戦する。

 もちろんこれは構想であり、実際に行われるかどうかは不明だ。構想自体があまりにも壮大すぎるため、ちょっとピンとこない部分もある。しかし、こういったイベントも、Xbox 360とXbox Live、そして観戦モードを活用することで実現できてしまう。Xbox 360は、これまでのゲーム機ではできなかったことも、いとも簡単に実現できてしまうだけの可能性を秘めているというわけだ。

北米で人気のスポーツゲームはEAがフルサポート

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる