速報
» 2005年05月13日 16時03分 公開

次世代Xboxプレビュー:坂口博信氏、水口哲也氏、両者の開発タイトルの正式名称が明らかに――次世代Xboxプレビュー

ついに明らかにされた次世代Xboxの正式名称。発売は2005年内を予定しており、これに伴い、すでに参加を表明していた日本人クリエイターによるタイトルにも動きが……。

[遠藤学,ITmedia]

 本日(2005年5月13日)、マイクロソフトによる「次世代Xboxプレビュー」が六本木ヒルズにて開催。まずは、すでにアメリカでは先行して発表が行われていた次世代Xboxの正式名称が、TV番組「次世代Xboxプレビュー・スペシャル」を利用してのプレゼンテーションにより、「Xbox 360」となったことが明らかにされた。

photo

 そして、マイクロソフトの執行役 Xbox事業本部長・丸山喜浩氏の登場と共に、Xbox 360のモックが初披露。同氏より、特徴として現行機よりもスリムになった点や、ワイヤレスコントローラーとなった点などが語られた。

 ちなみにXbox 360に関しては、こちらの記事にて詳しい紹介を行っているので、参考にしてもらえればと思う。なお、Xbox 360は2005年内に日本での発売を予定しているとのこと。

photo マイクロソフトの執行役 Xbox事業本部長・丸山喜浩氏が掲げるXbox 360

 丸山氏によるプレゼンテーション終了後は、Microsoft Game StudiosによるXbox 360の新作タイトル紹介へと移行。

 こちらには、すでに日本人クリエイターとしてXbox 360への参加を表明しているゲームリパブリック・岡本吉起氏、キューエンタテインメント・水口哲也氏、そしてミストウォーカー・坂口博信氏が登場した。

 一番手を務めたゲームリパブリック・岡本吉起氏は、現在開発中のものが「ワイワイ系のパーティーゲーム」と「アクション」の2タイトルであることを明らかにした。

 残念ながら正式タイトル発表とはならなかったものの、アクションゲームについては、「今までやったことのないものになる。日本でも大丈夫なの? と言われそうなタイトルですが、期待を良い方向で裏切りたい」とコメントしてくれた。

 続いて2番手はキューエンタテインメント・水口哲也氏。こちらもこれまではタイトル名が明らかにされていなかったが、この度ファンタジーアクション「Ninety‐nine Nights」として正式発表。

 本作は「Kingdom Under Fire:The Crusaders」で有名な韓国のメーカー・PHANTAGRAMとの共同開発タイトル。水口氏は、本作のコンセプトを「大軍勢感」「マルチアングル・シナリオ」「次世代グラフィックス」の3つに分けて説明を行っていた。

photo 「Ninety‐nine Nights」

 そして最後、3番目に登場したのはミストウォーカー・坂口博信氏。坂口氏は現在RPG2タイトルをプロデュースしていることを明らかにし、そのうちの1本がキャラクターデザインに鳥山明氏、音楽に植松伸夫氏を迎えた新世代RPG「ブルードラゴン」。

photo 「ブルードラゴン」

 もう1本が、キャラクターデザインに井上雄彦氏、シナリオに重松清氏、音楽にはブルードラゴンに引き続き植松伸夫氏が担当する「LOST ODYSSEY」となることを明らかにした。どちらも各業界の1流スタッフを集めてのタイトルとなるだけに、かなりの注目が集まることは間違いなさそうだ。

photo 「LOST ODYSSEY」

 噂の次世代Xboxの正式名称がXbox 360と発表されたのはもちろん、早くから参加を表明していた著名クリエイター3人の正式タイトルのほとんどが正式発表された次世代Xboxプレビュー。

 まずは速報ということで、簡単に内容をお伝えしてみたが、後ほどさらに詳しいレポートを掲載する予定なので、そちらを楽しみに待っていてもらいたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた