ニュース
» 2005年05月13日 10時30分 公開

私が夢に見たマシンがついに登場する――J・アラードが情熱を注ぐ「Xbox 360」とは(1/3 ページ)

MicrosoftのチーフXNAアーキテクトであり、Xbox 360のハードウェアを統括するJ・アラード氏。彼がXbox 360についてひとたび語り出すと、その熱を帯びた言葉に、こちらの感情が吸い込まれていくかのような錯覚を覚える。“Xboxのエバンジェリスト”にXbox 360について聞いた。

[聞き手:今藤弘一,ITmedia]

“単一のビジョン”に基づいてコンセプトを構成

 どの製品でも完全なもの、というのはあり得ない。しかし次世代のXboxは技術的に見ても非常にすばらしいものになった。

 これは私の信じていることなのだが、すばらしい製品の裏側には、非常にクリアーな、“単一のビジョン”が存在するのだ。非常に力のあるビジョンを持てば、そこに全てのことを集約させることができる。これが成功を導く鍵となる。

 2万人もの人がこのXenon(注:次世代Xboxのコードネーム)プロジェクトに関わっている。そしてこの“単一のビジョン”を元に、Xenonを作り上げたわけだ。

 Xenonを作るに当たって、Xenonに関するコンセプトを集めた300ページの本を作った。これを全員に読んでもらい、“単一のビジョン”とはどういうことなのかを共通の認識としたわけだ。

 しかしそのビジョンを表すのには、そんなに多くのページは必要ない。簡単で、かつ力のある、1つのセンテンスで表すことができる。それは「Xenonは、人間のエネルギーが生み出す、生き生きとしたエンターテイメント体験(Living Entertainment Experience)を可能にする」ということだ。

 Living Entertainmentは、インタラクティブなゲーム体験に止まらない。また私は「より広いゲーム体験」という言葉は使わない。コンシューマーは、より広がりのあるゲーム体験を求めているし、それを可能にするデジタルテクノロジーもある。自分のBGMを流しながらゲームをしたいというニーズもあると思うが、それはエンターテイメントも含めた体験であり、ゲームによる体験だけ、ということにはならない。

 そしてなぜ“インタラクティブ”ではなく“生きた”という言葉を使ったのかということだが、ここで昔ながらのゲームを考えてみてほしい。こうしたゲームには全て始まりがあり、中盤があり、終わりがあり、その間に“インタラクティブ”な操作をしていることだろう。ただし、どのゲーマーがやっても終わり方は全て同じだ。しかしLiving Entertainmentでは、どこから始めどこで終わるのか、それを全て我々ゲーマーが決めることができるようになる。

 Living Entertainmentを実現できれば、体験できることも変わってくる。店舗で購入したゲームであっても、クリエイターが思い描いた結末の体験に止まることなく進化していく。つまり、購入したゲームは“生きている”のであり、より多くの内容、より多くのコンセプトが導入でき(もちろんトーナメントのようなものもあるだろう)、クリエイターから加えられた新しいアイディアを元に、買ったあとでもどんどん変化していくわけだ。

Xbox 360における真の力はプレイヤーが引き出す

 さて、「人間のエネルギーが生み出す」という点だが、これまでであれば「高性能なハードウェアとソフトウェアで生み出される」と表現したことだろう。確かにXbox 360は、どのプラットフォームよりもパワフルなハードウェアであるし、すばらしいソフトウェア、そしてサービスも用意されている。しかしこのシステムにおける本当の力は、プレイヤー自身からもたらされるのだ。

 この概念は、インターネットを例に挙げると分かりやすい。確かにインターネットはWebサービスとTCP/IPで成り立っている。しかしインターネットのすばらしさは、読み手が書き手になれる、ということにある。これが本当の力だ。Xenonの中では、ゲーマーがクリエイターになれるのだ。

 2万人のチームで作りあげたのが次世代Xboxだが、それだけで終わらずに、何百万人ものゲーマー自身が創造を繰り返し、新しいものを作り上げていく、ということがコンセプトとなる。

 もちろん、ゲーマーが新しいゲームをデザインするわけではない。すでにあるゲームに新しいファッションを加えたり、レベルを変えたり、トーナメントの構成を変えたり、チームを管理したりといった、“人”というコンセプトが入ってくることになる。

 たとえば、「Project Gotham Racing」を考えてみてほしい。これまでは、ユーザーは東京やニューヨークといった、用意されたコースを走るだけだった。それが今度は、自分なりのデザインで、好きな場所を走ることができるようになるわけだ。

 ゲーマー自身に、ゲームの世界へよりアクティブに関わってもらうためには、我々は強力なプラットフォームをもたらさなければならないし、デベロッパーやゲーマーのコミュニティを、より発展させなければならないだろう。

HD時代ではドラスティックな変革が起きる

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる